FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2020.12.18[金] ヤングガンガンNo.1 咲-Saki-第225話「流箭」の感想と展示会

2020121820294740a.jpeg

二ヶ月ぶりにヤングガンガンを購入ー。
目的は、咲-Saki-

10月からの長い休載をへて、ようやくの連載再開!
さらに!
今回は巻頭カラー。
次鋒戦が盛り上がってるから、白熱した麻雀シーンが描かれるんだろうなー。

さぁ、どんな内容だ!?



202012181951144d2.jpeg

_人人_
> 尻 <
 ̄Y^Y^ ̄


麻雀シーンですら無かったわ。
平常運行で何より。

2020121819511346b.jpeg

二ヶ月ぶりのケツに和んだところで、この扉絵ですよ。
新道寺女子のメンツもお久しぶりです。
そしてまた背景が綺麗。
なんでも山口県らしい。
咲聖地に新たなエリアが誕生ですね。

20201218195203f39.jpeg

そんな突然の新道寺女子に驚きましたが、ちゃんと話題は先鋒戦。
これが立先生の描くシャープシューターか。
見開きでド!

いいですね。

けど、


20201218195106b77.jpeg

以前、思いっきり胸をえぐられてた泉は何だったんだ…?

やっぱりおっぱいか?
おっぱいが大きいと矢も弾かれるのか?
だから今回は腰をシュートしたのか?
なんか拘束具もついてるしね。
またひとつ菫のことが知れたよ。

泉「は?」


そんな感じに連載再開と同時にケツと矢が飛び交って、咲-Saki-って感じです。
今回も面白かったー。


なんだけど、

202012181951092c2.jpeg

次回の掲載は2月!


また二ヶ月待ちかぁーーー!
これも咲-Saki-って感じです。
慣れた。

けど!

ちゃんと話題は続きますよー。
それがこちら↓


20201218195112dc4.jpeg

1月22日に咲-Saki-6作品の新刊が揃い踏み!
さらに、咲-Saki-の画集も同時発売。
つまり7作品の新刊が一度に飛んできちゃうの。
役満レベルでしょ、これは。

さらに!

20201218195109765.jpeg

同日の22日から池袋にて展示会が開催!
咲-Saki-としては初じゃない?
これは嬉しい。

そして、会場で売られるオリジナルグッズも公開!

202012181951051d0.jpeg

複製原画→33,000円


強い…。
全五種を買うと16万オーバーか。
強い…。

まぁ、ね。
こういうのはプロにまかせるとして、もうちょっとライト向けはあるかなー。

202012181951050b5.jpeg

おっ、あるじゃなーい。
わーい、こっちは14,300円だー。
求めやす〜い。

って、アウトだよ!!


コミケの企業ブースでもなかなか見ない肌色だよ!
いや、これはあかん。
帰りに池袋で職質されたら人生終わるやつ。
あかんあかん。

なんだけど、


2020121819505802e.jpeg

よく考えたら、咲-Saki-の抱き枕って昔からこうだったわ。

2020121819510433f.jpeg

他には、こんなグッズをご用意。
そして、和ちゃん多いな!
もはや布がないし!

20201218195056c04.jpeg

入場無料につられて一般人が誤って入らないことを願おう。

あと制作スタッフのみなさん。
この作品の主人公って誰か知ってる?
タイトルにもなってるんだけど。

きっと展示品で大きく飾られると信じよう。


そんな感じに、今日は咲-Saki-本編の感想と、新刊&展示会のお知らせをお伝えしました。
わりと展示会は楽しみだったりします。
また参加したら感想を書きたいと思います。
それでは。
    21:13  Top

2020.11.25[水] ビッグガンガンNo.12 「シノハユ」第84話、「阿知賀編」第27局、「怜-Toki-」第46局の感想

20201125191111d79.jpeg

 25日なのでビッグガンガン購入。
 目的は、咲-Saki-のスピンオフ×3作品
 さっそく感想いってみます。

20201125191125553.jpeg

 まずは「シノハユ」
 第84話「信頼」

 全国クラスになると小学生のスペックやべぇな。
 
20201125191122fd5.jpeg

 そして、慕たちのスペックもやべぇな。

 杏果が閑無のメンタルサポートになってるおかげで均衡が保たれてるけど…。
 ちょっと危なっかしい。
 一番マズいのは、閑無自身がそれに気付いていないところ。
 彼女がさらに上に向かうためには、まだまだ越えなければならない壁は多そうです。

202011251911278e4.jpeg

 ところで、今回読んでて、誰だっけ?
 となったのが、この宗像芽依。
 検索したら、

「若菜のビビらせ戦術に嵌まり、また、その後の慕の活躍により2回戦で敗退するも、若菜の乱暴な行動から庇ってくれた」

 あー、思い出した思い出した。
 あの子ねー。
 
 って、さらっと決勝進出してるのやばい。
 君、強かったんやな。
 宗像芽依といい、小禄心といい、本編で登場してない子は未知数なので、これからの絡み方が楽しみでもありますね。
 本編で出番がなかっただけで、どっかの高校の監督かプロになってる可能性は十分にありますし。

20201125191123ee5.jpeg

 そして、次回は休載ね。
 了解。
 では、次。

20201125191119579.jpeg

 「阿知賀編」
 第27局「笑顔」

 なんですが…。

 笑顔?
 いやいやいや、もう泣くから!
 先月といい、今月といい、なんなの?
 なんなのなの?
 笑顔で泣いたわ。

202011251911179ed.jpeg

 これぞスピンオフだよなー。
 あのツモの裏側には、ここまでの想いとドラマがあったなんて。
 クロチャーー!!

20201125191120839.jpeg

 そして、次回は休載です。
 別の意味でも泣く。

20201125191116dfc.jpeg

 ラストは「怜-Toki-」
 第46局「三様」

 わりと本編の高校生編につながる話だったかな、と。
 怜の腕前では、ふたりには追い付けない。
 けど、それを苦に思わないのが高校生の怜。
 では中学の頃は?
 というと、やはり負い目を感じてますね。
 コンプレックスともいうかな。

20201125191114390.jpeg

 けど、怜が卑屈にならなかったのは、セーラの裏表のないまっすぐな性格のおかげでしょうね。
 これは竜華だけでは難しい役目。
 セーラとの出会いは、怜にとってとても大きなものだったと感じるお話でした。

20201125191113925.jpeg

 そして、謎の煽り文句で締め。
 波動どころか、隠してないやん。

 そして、「怜-Toki-」も次号は休載と。
 OKOK。

 って、待て待て待て!!

 え!?
 3作品、全部休載なの!!??
 来月のビッグガンガンは、ガンガンもいけてないし、ビッグでもないよ。
 単行本作業とはいえ、全滅とは思わなかったなー。
 てことは、次回は来年?

20201125191112333.jpeg

 2021年に咲 展示会もやりますし、気持ちはもう来年ですわ。
 よいお年を。

 2021年も咲-Saki-をよろしく。
 それでは。
    19:49  Top

2020.10.24[土] ビッグガンガン11月号「阿知賀編」第26局、「怜-Toki-」第45局、「シノハユ」第83話 感想

20201024214734c88.jpeg

25日が日曜日なので、今月のビッグガンガンは本日発売。
さっそくKindleにて購入。
咲-Saki-のスプンオフ3作品が連載中。

20201024214735c70.jpeg

まずは阿知賀編からだ。
おっ、玄ちゃんの回想シーンなんですね。
どれどれ。



………。





……。






…。












202010242147294e6.jpeg






20201024214728098.jpeg






20201024214726a1e.jpeg



あぐり先生。
とんでもないものを描かれましたね…。
いや、ほんとこれは良すぎる。
朝から読んで号泣でしたよ。
思わず、今日の出勤を辞退するところでした。
松実休暇。

いや、ほんとに良かった。
単行本待ちの方も、今月号ばかりは先に読んでほしいくらい。
咲-Saki-本編で、玄ちゃんから霧が出てる描写があって、なんだろう?
と思ってましたが、はぁーーーそんなことがーーーっ!
尊いにも程がある。

20201024214736e90.jpeg

ちなみに、今月のタイトルは第26局「萱堂」
萱堂(けんどう)とは、

『母を敬っていう語。母上。
古く、中国の家で主婦の部屋を北堂と称し、その庭に萱草 (かんぞう) を植えたところから』

タイトルからして完璧じゃないですか。
素晴らしいお話でした。
はぁ…。
もう胸がいっぱいで、今日のブログもここまででいいかな?という気分。

20201024214733778.jpeg

あー。
怜-Toki-もあったか。
えっと、今月は第45局で、おっぱいでした。

20201024214732ea4.jpeg

シノハユは、今月は第83話。
まこ飯の慕バージョンが始まったかと思った。
すき焼きは美味しい。

はい。
以上です。

阿知賀編は神。
みんな読んで!
それでは。
    22:12  Top

2020.10.03[土] ヤンガンNo.20 咲-Saki-第224局「蓄積」、まこ飯 第16話の感想

2020_1003saki08.jpg

 月が変わって最初の金曜日は、ヤンガンの発売日。
 すっかり忘れてたので、本日購入。
 目的は「咲-Saki-」

 さっそく感想といってみましょう。

2020_1003saki07.jpg

 まずは、本編となる「咲-Saki-」
 第224局「蓄積」

 この扉絵は、慕と小禄心か?
 となると、この背景は沖縄か。
 また舞台探訪者泣かせなことを~

 なんて思ってたら、



 なんで当日に沖縄まで移動しているの…?

 どこでもドア。
 やはり完成していたか…。
 咲-Saki-探訪者のモチベには頭があがらないです。

2020_1003saki06.jpg

 それで、本編の方ですが、部長の顔芸が強すぎて内容が頭に入ってこないんだが…(汗
 ひとりだけ出る作品を間違えたみたいだよ。
 
 この表情。
 ガチャから限定SSR愛依が未だに出てない僕の表情じゃん。

2020_1003saki05.jpg

 ぐぬぬ…。

 むしろ、これはシリアスになりすぎないような意図もあるかもですね。
 このピンチを部長はどう乗り越えるか。
 まこが調子いいだけに、心配です。

2020_1003saki04.jpg

 次回も気になるところですが、なんと2020年の咲-Saki-はあと一回でおしまい。
 12月18日のヤンガンまで、長期の休暇に入るご様子。
 単行本の作業かな。
 なので、再開は実質2021年から!
 まだ10月なのに、もう来年の話か。
 鬼も片腹大激痛。
 ともかく、連載再開をじっくり待ちたいと思います。


2020_1003saki02.jpg

 お次は、まこ飯
 第16話「コロッケ ザクッ 青春の条件」です。

 こちらの感想はですね。
 ひと言でいうと、

2020_1003saki03.jpg

 京太郎…?

 ふたことでいうと、

2020_1003saki01.jpg

 京太郎……。

 以上です。
 もうなんていうか…。
 まずね。
 京太郎が和ラヴ勢だったこと、10年ぶりくらいに思い出しましたよ。

 そうだよね。
 京太郎って、咲-Saki-が麻雀レズ作品じゃなければ、ハーレム主人公のポジションか、乙女ゲーの攻略対象ですもんね。

 なんか切なくて、甘酸っぱくて…。
 このコロッケ、なんかしょっぱい。

 はぁ…。
 
 京太郎……。

 神回でした。
 咲-Saki-本編が休載でも、ヤンガンにはまこ飯がある。
 まだまだ2020年も盛り上げていけそうです。



 そんなヤンガンNo.20に掲載の咲-Saki-とまこ飯。
 それぞれの感想でした。
 それでは。
    23:21  Top

2020.09.25[金] ビッグガンガン10月号 シノハユ第82話、怜-Toki-第44局の感想

202009252133304df.jpeg

ビッグガンガン購入。
目的はゴブスレと咲-Saki-スピンオフ。
残念ながら今月は阿知賀編は休載ですが…。
まだ二作品も残ってる。
というか、一冊の雑誌で咲-Saki-が三作品揃ってるの異常だよね。
慣れたけど。

20200925213332d29.jpeg

まずは「シノハユ」
第82話「帰寧」

帰寧(きねい)って、
「親もとを離れている女性が、里帰りして父母の安否を問うこと」
という意味があるんですよ。

これ。

最初に意味を調べておくべきでした…。


2020092521332320f.jpeg

寝起きにこれを読んで、もう仕事行く気もなくなりましたよ。
もう尊みが臨界点をこえて浄化された。
なんで僕は今から仕事に行くの?
やだ。
このまま余韻にひたって一日すごしたい…。
そんな内容でした。

2020092521332033a.jpeg

世界を見据えてる慕だけど、出会った仲間たちのことを強く想っている。
それが見て取れるお話でもありましたね。
最高でした。

202009252133221e6.jpeg

あと、めっちゃライブでお世話になってるパシフィコ横浜が出てきて、ほっこりした。
さすがに一目で分かりましたよ。
またライブに参加できる日がきますように。

20200925213331b65.jpeg

お次は「怜-Toki-」
第44局「出鼻」

今回の話。
展開的には、

20200925213326499.jpeg

これなんだけど。

怜-Toki-の絵柄もあいなって、まったくシリアス感がないんですよね。
これって、別に轢かれたわけじゃなくて、

2020092521332840c.jpeg

この娘がチャリで来たってシーンじゃないの?
いや、けど「グシャ〜」って書いてるしな。
あんまり心配はしてないけど、次回はどうなるかな。
11月号を待ちたいと思います。

こんなところかな。
以上、ビッグガンガン10月号 咲-Saki-スピンオフの感想でした。
    22:02  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
『Gene of the earth』
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop