FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.02.05[火] ヤングガンガン2019年No.04 咲-Saki-第200局「開放」の感想

2019020520182935e.jpeg

咲-Saki-目的で購入している、ヤングガンガン。
発売したのは先週でしたが、イベントレポートを書いてたので後回しにしてました。

201902052018221ab.jpeg

というわけで、今日のブログは咲-Saki-の感想です。
第200局「開放」
おー、記念すべき200回目でしたか。
そんな200回に相応しい内容でしたね。

201902052018179d6.jpeg

「九蓮宝燈」

役満の王様とも呼ばれる役を、王者の宮永照があがる!
インハイ決勝とはいえ、天和と九蓮宝燈が飛び出る先鋒戦ってやりすぎでしょw

けど、読んでて不思議に思ったことはあります。
九蓮宝燈よりも、なんで9回目なのか?
という疑問。

20190205201813c0f.jpeg

咲も9回目の照は怖いと警告してましたが、なんで8回目は阻止できないのかが謎でした。
そして、先代白糸台のセリフも疑問。
なんで今回の方が怖いとわかるのか?

つまり、照のギギギ〜は別に九蓮宝燈をあがる能力じゃない。
何かの法則にもとづいている。

201902052018137ab.jpeg

もしかしたら、渋谷尭深の能力に近いのかも。

阿知賀編でも、照はたびたび「見逃す」ことがあったと指摘がありました。
きっとこれも法則。
例えば、どこかでツモった牌が9回目に戻ってくる〜とか。
そういうやつ。
だからロンを見逃して、ツモを選択する必要がある。
そんな法則。

この辺の答え合わせは次回からでしょうね。
そして、法則を見抜いて照を止める。
というか、止めないと全員トバされて決勝が先鋒戦で終わります。
そろそろ玄の龍が昇る頃だとも思いますし、反撃に期待しましょう。

と、先鋒戦からクライマックス感全開の決勝戦。
目が離せないです。
次回も楽しみですよ。

20190205201811cc7.jpeg

トヨネ!


それでは。
    20:41  Top

2019.01.25[金] ビッグガンガン2019 Vol.2 シノハユ第64話「三百」の感想

20190125192002f63.jpeg

ビッグガンガン2019年 Vol.02号を購入。
目的はゴブスレと咲-Saki-スピンオフ。
今月は「怜-Toki-」が休載なので、「シノハユ」のみの感想となります。

201901251920045a0.jpeg

第64話「三百」
扉絵は久しぶりのニワチョコ!
背景は文化のみち 二葉館だそうです。
名古屋の聖地も増えましたね。

20190125192006b05.jpeg

そんな背景と本誌はまったく関係なくて、今月も慕の劣勢が続いてます。
にしても、なんだか既視感の連続。
この8連続のあがりは、

201901251920098a7.jpeg

咲-Saki-本編の照を思わせますし…。

20190125192004ec7.jpeg

相手の能力を感じ取る、慕の「鳥瞰」は、

20190125192002531.jpeg

照の照魔鏡を思わせます。
前号では咲-Saki-とシノハユの扉絵が一致してたこともありますし、やはり「わざと」ですよね。

照と慕たちの関係性。

もしかしたら、とんでもないところで繋がっているのかも。
過去ではなく、今の慕がどうなっているかも未知数だし。

じっくりと描かれているシノハユですが、見えない伏線はいくつも張り巡らせている可能性もあります。
そんな考察も楽しさのひとつですね。

20190125192007af8.jpeg

それにしても慕は勝つことにこだわりすぎてる雰囲気がありますね。
もちろん部長の仇だし、相手は強敵だけど…。
麻雀が楽しくて楽しくて仕方のない慕はどこへいった?
点棒の残りを考えれば笑ってる場合じゃないけど、余裕の差がそのまま実力の差に現れているような気もします。
この正念場。
どう切り抜けるか。
次号を心待ちにしたいと思います。


以上、シノハユ第64話「三百」の感想でした。
それでは。
    19:48  Top

2019.01.18[金] ヤンガンVol.3、咲-Saki-第199局「奮戦」の感想

2019011819421557b.jpeg

ヤンガン購入。
目的は、咲-Saki-。
今週は第199局「奮戦」
前号が休載でしたので、今年最初の咲-Saki-となります。
あけおめ。

201901181942172c4.jpeg

そんな新年の挨拶もそこそこに、正月ボケを一発でふっとばしてくれましたよ…。
これが立先生版コークスクリュー。

20190118194212896.jpeg

ちなみに阿知賀編がこれ。

20190118194207899.jpeg

アニメ版はこれ。

20190118194208b6a.jpeg

VITA版がこれです。

ワムウもびっくりの嵐ですね。
相手は死ぬ。

そんな猛威をふるう全国1位ですが、特筆すべきは周りの連中。

201901181942064ee.jpeg

なんでそんな重要なことをさらっと言うかな、このお嬢は。

荒川憩の能力はまだまだ不明な点は多いですが、照の連続和了を止めるくらいの力があるのか。

20190118194213510.jpeg

そういえば、VITA版ではこんな能力でしたね。
となると、照があがればあがる程、憩の手牌は有利になる〜ってことかな。
まさに最強のシールドですね。
これが全国2位の力か。

20190118194210d28.jpeg

そして、咲は咲でさらっと重要なことを口走ってくれましたね。
従姉妹の名前が「光」って、始めて聞いたんですけど…ッ!
ここが初出だよね!?
ほんと怖いわー。
咲-Saki-って、さもみんな知ってるよね?
ってノリで新情報ぶっこむんだから。

あと、8回目のあがりを〜ってくだりも重要な伏線。
照と8回目との因果関係は一体…。

照の元ネタは「天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)」という説があるから、それ絡みかな?
天照大神を祀る神社の総本社は神宮(伊勢神宮)の内宮(皇大神宮)。
で、皇大神宮は三種の神器のうちの一つ八咫鏡(ヤタノカガミ)を御神体として安置する神社。
8回目のあがりが来ると9回目は確定ってのは、八咫鏡と関係あったり?

立先生のことだから、膨大な設定がありそうですね。
それも今回みたく、さらっと明かされるかもしれないですけどw

そんな油断ならない咲-Saki-
照の猛攻はまだまだ続きそうですが、どんな反撃をみせるかも含めて楽しみにしたいと思います。
それでは。
    20:08  Top

2018.12.27[木] ビッグガンガン1月号のシノハユ第63話と、怜-Toki-第28局の感想

20181227200139fef.jpeg

ビッグガンガン購入。

咲-Saki-とゴブスレのために買ってます。
さーて、まずはシノハユからだ。

(パラッ)


201812272001464fd.jpeg


???


201812272001449a4.jpeg

んんんんんんんんんーーーっ!?

この扉絵、ヤングガンガンでも見たぞ!?

先週、横浜まで探訪したみなさん。
早くも再遠征決定です。
お気をつけて。

それにしても、すごいな。
まさか扉絵をつなげてくるなんてねー。
慕が階段を降りてるから、シノハユ→咲-Saki-の流れなのかな。
2018年ラストに、いいサプライズでしたよ。

さて、それじゃ本編を読んでみるか。


(パラッ)


201812272012050bb.jpeg

???


20181227200142697.jpeg

んんんんんんんんんーーーっ!?

なんかこっちもヤングガンガンで見たよ!?
会話は微妙に違うけど、内容はそっくり。
なんなの?
この繋げ方は…。

扉絵を合わせたのには、ちゃんと意味があるってこと?
こりゃまた2018年のラストに、とんでもないお年玉をしてくれたもんですよ。
実に楽しいです。
さすが!

20181227200140719.jpeg

お次は、怜-Toki-

ずっと続いている竜華の回想。

201812272001418a9.jpeg

いい子であり続ける仮面にヒビが入ってきた、ある日。
ついに怜と出会う。

うん。

これはわかる。
この展開は予想通り。
なんだけど…。
どうして数ある人の中から、怜を選んだのか。
怜でなければならなかったのか。
そこはまだ触れませんでした。

怜にあそこまで依存する理由。
今のところ、

怜「私があの時、飼ってくれてたハムムです!」

これしか考えられないけど、そんなわけあるか。
めちゃくちゃ面白いけど、そんなわけあるか。
このあたりの理由は次回かな。

と、シノハユも怜-Toki-も次回に期待させたところで2018年おわり!
また来年も連載を楽しみにしてます!
それでは、以上、ビッグガンガン1月号の咲-Saki-スピンオフの感想でした。
    20:28  Top

2018.12.21[金] 咲-Saki-第198局「畏怖」の感想。 今年最後にとんでもない情報量

2018_1221saki05.jpg

 ヤングガンガン購入。
 日付変わったと同時にKindleで購入したけど、まったく同期されず…。
 今朝になってダウンロードしました。

2018_1221saki06.jpg

 目的は、咲-Saki-。
 前回の感想で「惨禍の幕が開く」とか、ポエマーかよww
 とか書いてたら、

2018_1221saki04.jpg

 今週、めっちゃバカにされてて爆笑したw
 公式でもあのセリフは痛かったかー。
 けど、すこやんは悪くないよ。
 強く生きてください。

 とまぁ、のっけから笑った咲-Saki-だったんですが、




2018_1221saki03.jpg

 横浜時代の慕ォーーーーッッッ!!!




2018_1221saki02.jpg

 先代の白糸台様ァーーッッッ!!


2018122120434085e.jpeg

 しかも、その衣装はハートビーツ大宮ァーーーっ!!
 

 と、情報量が多すぎて、本編が入ってこなかったよ…。
 慕はJS時代に三尋木咏とすれ違ってたとか、そういうのをさらっと入れるしさー。
 まったく油断できない漫画ですよ。

2018_1221saki01.jpg

 本来だったら、ついに出てきた「ギギギ~」がメインになるはずなのに、「わーこわーい」くらいの感想…。
 本編以外の衝撃が強すぎて、影に隠れましたよ。
 とはいえ、本当にこの能力が明らかになるのは次回以降だから、今はじっくり待つとします。
 次号は休載ですしね。
 ともかく、これで2018年の咲-Saki-も終了。

 ちなみに…。

 一年前の2017年のラストは5決の大将戦が始まるあたりでした。
 つまり、2018年は5決大将戦→決勝の先鋒だけで終わり。
 こりゃ、決勝が終わるまであと4年くらいはかかりそう。
 2019年もゆっくり付き合っていくとします。

 というわけで、以上、咲-Saki-第198局「畏怖」の感想でした。
 ギギギ~。
    19:52  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop