ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.10.06[金] ヤンガン「咲-Saki-」第180局「利害」の感想

ヤンガン

 本日発売のヤングガンガン。
 どんな季節でも水着が目印。
 寒そう。

咲-Saki-

 一方で白熱した戦いが繰り広げられているのが、咲-Saki-
 副将戦の真っ只中。

 そういや欄外にコミック新刊情報が載ってて「え!?11月に発売なの!?」とびっくりしたけど、特に話題になってないから知らなかったのは僕だけらしい。
 情弱ゥ!

絹ちゃん

 読んでて印象的だったのは、フナQと絹恵のやりとり。
 親族だから、身内トークもおかまいなし。

 絹恵のことは「絹ちゃん」と呼んでるのね。
 じゃあ逆に、フナQのことは何て呼んでるんだろ。
 と思ったら、

コロちゃん

 「ロコちゃん」

 



 え?











ロコちゃん

 ロコちゃん!?

 
「麻雀ですか?ノープロブレムですー。レディハンドでワンショットをクリエイティブってみせますね!」

 
 フナQの正体はロコだったか~。
 はいはい。
 これだからアイマス脳は。
 脳外科もさじ投げる。

 にしても、船久保浩子からロコちゃんが生成されるとか、もはや錬金術のレベルだぞ。
 これが姫松流か。

哩さん

 あ、あと話しは変わるけど、新道寺女子。
 
 ツイッターで指摘してるのを見て気がついたけど、

JS

 ここ。
 SJというロゴがついてます。

 これは前は無かったハズ。

SJ

 試しに読み返してみたけど、やはりSJはついてない。
 この180局からですよ。
 突然どうした?

 あ。

 そういえば、思い出したぞ。
 このSJのロゴがついてる場面を。

実写 新道寺

 実写版 阿知賀編の制服だ。

 ってことは、実写版の設定をマンガへ逆輸入したってこと?
 それとも、立先生のアイデア?
 真相は解りませんが、立先生も今回の阿知賀編はわりと深く関わっているのかも。
 前の長野編ではおまかせって感じだったけど、あのデキに感銘して今度は一緒に手伝ってる~という流れだったら嬉しいですね。

 そんな制作の裏側を考えたりもした第180局「利害」。
 副将戦もいよいよ大詰め。
 次回も楽しみにしてます。
 
 それでは、今日はこの辺で。 
 カン!
    23:13  Top

2017.10.04[水] 実写版「咲-Saki-阿知賀編」のキャストが発表!




 む!?

 実写版「咲-Saki-阿知賀編」のキャストさんが発表されただと!!??

和

 奇しくも今日は原村和の誕生日。
 前回の実写版 咲-Saki-では、宮永咲の誕生日にキャストが発表されました。
 なるほど。
 今回は阿知賀編とも深く関わる、和の誕生日に合わせてきたわけですね。

 で。

 気になるキャストさんはどこ!?
 ツイッターを検索して、どこだ?どこだ?と探してたけど…。

 よくよく考えたら、

実写 阿知賀

 公式サイトに行けば一発だったわ。
 灯台下暗し。
 
 そして、飛び込んできた阿知賀メンバー。
 
 以前、監督が語ってくれてました。
 二次元キャラを実写にした時、次元間衝撃波がおきると。
 それをいかに緩和するのが課題だった~とのことでしたが、今回の阿知賀編も、

すばら

 すばら

 いやいや、これはすごいよ。
 可愛いし。
 穏乃は僕の中で「黙ってれば美少女」というイメージでしたので、この再現度は大満足だし期待も高まります。
 信じてた。

 ただ…。

 阿知賀編のキャラクターって、見た目よりも言動や行動で個性を光らせてた子が多い印象があります。
 方言とか特にね。
 ですので、動いたときにどれだけ原作の個性を再現できているか。
 そこが楽しみでもあり、不安でもあるところ。
 それに、今回は、

 前回の実写化が成功している

 という前提があります。
 現場のスタッフも含め、プレッシャーは大きいはず。
 このあたりの重みが、いい方向へと昇華できているといいですね。
 役者さんの熱演にも期待してます。

立先生

 そういえば、原作者の立先生が阿知賀実写化にあわせて、

『阿知賀編の実写版では服装も髪型も現実にありそうな範囲で普通にとお願いしました』

 と、コメントされてました。
 けど、今回発表されたビジュアルを見る限り、かなり忠実ですので問題なし。
 髪の色はむしろ再現されたら困るしw
 いい感じですよ。
 
 なんて思ってたら、

スカート

 んん!!??

 穏乃がスカートはいてるぞwwww

 
 まぁ、そりゃ実写になるなら当然の変更なんだけど、なんか笑えてきます。
 なんかさ。
 阿知賀メンバーが穏乃に無理矢理スカートはかせたみたいじゃん。
 想像すると微笑ましいですw

 こういう原作との違いもどうなっているか気になるところ。
 放送はもう少し先ですので、続報をお待ちしてますよ。

照

 けど、照に関しては放送されるまでシークレットでしょうね。
 まさかキャストすら未発表とは。
 前回の衣ポジか。
 どんな姿か、こちらも楽しみにしてます。


 と、そんな感じに本日は実写版 阿知賀編の話題でした。
 放送日は12月。
 まだ現場は製作中でしょうね。
 クランクアップまで走り抜けてください。
 それでは。

    23:45  Top

2017.09.26[火] ビッグガンガン10月号 シノハユと咲日和の感想

BG

 ビッグガンガン10月号の咲-Saki-マンガ。
 
 今月の「シノハユ」

マーリン




常に速攻










爆死







これからだよ








ツモ






爆死









ツモ



マーリン








はーやり

 だいたいこんな話でした。

 
 次。

 今月の「咲日和」。

咲日和

 鶴賀日和。

 自撮りに挑戦する、もも。

かっこいい

 だいたいこんな話でした。
 
 実写 阿知賀編でも出番があるといいですね。


シノハユ

 そんなシノハユと咲日和。
 まともな話が知りたい人は、是非ご購入を。
 電子版もあるよ。
 よろしくお願いします。

 あ、ちなみに怜-Toki-は休載ですので感想はなしです。
 感想かこれ?
 まぁ、いいや。
 次回も楽しみにしつつ、本日の更新おわり。
 カン!
    23:29  Top

2017.09.15[金] 咲-Saki-阿知賀編が実写化決定!小沼雄一監督を信じろ。

ヤンガン

 今週のヤンガン!

 表紙は実写版 咲-Saki-で和を勤めた浅川梨奈さんじゃないですか。
 説明不要。
 
 そんなおもちな表紙のヤンガンにて重大発表が!

阿知賀編

 はいはいはい来ましたよ。

 咲-Saki-阿知賀編 実写化決定!!

 もうね。
 アニメやコミックとかの実写化で、ここまで安心できることってある?
 これも咲-Saki-の実写が「成功」したから。
 以前のブログでも書きましたが、小沼雄一監督は本当に咲-Saki-に対する理解が深い方です。
 同じスタッフが手掛ける、というだけで名作間違いなし。
 楽しみです。

 が!

 放送スケジュールを見てひとつ懸念が。
 以前の咲実写と同じで4話+劇場版という構成。
 となると、どこかはカットされるということ…。

 監督は咲-Saki-長野編は、

・和と咲との出会い
・衣の物語

 このふたつに重点をおいて作られました。
 となると阿知賀編は…

和との再会

 和との再会と、

ドラを捨てる

 ドラを手放すシーン

 ここ。
 ここさえ押さえれば阿知賀編は表現できるのではなかろうか。

 となると、劇場版は大将戦までではなく、先鋒戦が終わったところまで…かな?
 物語としては中途半端にはなりますが、テレビアニメはここでいったん区切りましたし、実写もそれに合わせてもいいかと。
 むしろ大将戦までやるには尺が足らないし、じっくり描いてほしいから実写はここが着地点にしてほしいですね。

立先生

 立先生も期待してますし、本当に楽しみにしてます。
 無茶なデザインも実写に合わせて現実的にしていい~とお許しも出ましたしねw
 そんなコメントを残した次のページで、

ケツ

 半ケツをぶっこむ立先生の強さ。

 平常運行。

見せられない

 けど、今週の咲-Saki-第179局は、ちょっと暴走運行だったかも(汗

 もう見せられないよ!

 
 実写版 阿知賀編で姫子役がどなたになるかは解りませんが、原作読んで絶句してなきゃいいけど…。
 強くあれ。
 
宮守

 あ、あと、宮守最高でした。
 熱盛!
 失礼、宮守が出てしまいました。

 
 そんな情報満載の今週のヤンガン。
 長く休載が続いてただけに、このビッグニュースは朗報でしたよ。
 監督&キャストのみなさん、阿知賀をどうぞよろしくお願いします!

 それでは。
    23:13  Top

2017.08.24[木] ビッグガンガン(8/25)の咲-Saki-関連

ビッグガンガン

 今月のビッグガンガン。
 2017年9月号です。

シノハユ

 まずは、シノハユから。
 第48話「縦方」
 
 すっかり存在感が増した、稲村杏果。
 最初はモブかと思ってすまんかった。

すり潰す

 そんな杏果を磨って飲みたいだなんて、中学生にして特殊性癖に目指めすぎでしょ(違
 
 すでに手の内を見抜かれてるとか、やっぱ強豪なんだな~と感じてみたり。

今は

 そして、このセリフ。

 「今は」

 という言葉に、杏果の良さが全部詰まってる。
 何気ないセリフだけど、彼女を素直に表現してると感じました。
 いい。
 いいよ。

 あと、どうでもいいけど、

縦

 このシーンを読んで、

悠木碧の麻雀

 悠木 碧さんの麻雀を思い出してました。
 
 縦に伸びるわー。
 ようやく時代が彼女に追いついたな。
 ありがとう。

怜

 お次は、怜-Toki-
 第15局「参観」

おはよー

 そして、朝の挨拶だけで、思春期の男子にいろんなものを目指させるJS
 おっぱいにガーターにランドセル…。
 どんだけ高火力キャラだよ。
 
怜

 そんな竜華の生態が少し判明したのが、今回のエピソード。
 なるほど。
 あの高火力にも理由があったか。
 原村和と同じ系統。
 



 あと、めきめき先生が気になるツイートを投稿してました。
 んー?
 おばちゃん?

おばちゃん

 このシーンかな?

あばぁちゃん

 他のコマでは「おばあちゃん」になってたから、おそらく誤植。
 おばあちゃんが正解ね。
 みなさんご注意を。

咲日和

 最後は、咲日和。
 池田日和だぁー!
 もし咲日和が実写化されたら、最も再現が難しい池田四姉妹だぁーっ!
 
池田

 そして、ただひたすらに池田が変顔してるだけで終わった。
 池田の作画芸。
 いろんな池田が見られて幸せだったけど…。
 いつものお前が一番可愛いよ(イケボ

 
 …はい。

 明日も仕事なのでもう寝ます。
 たまには日付が変わる前に帰りたいな。
 というわけで、以上、ビッグガンガンの咲-Saki-関連まとめて感想でした。
 それでは。
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop