FC2ブログ

ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アイマスとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2019.06.07[金] ヤンガンNo.12 咲-Saki- 第203局「神風」の感想。すこやんが語る咲シリーズの良さ

2019_0607saki03.jpg




2019_0607saki04.jpg






2019_0607saki01.jpg






2019_0607saki05.jpg













2019_0607saki06.jpg

完璧につながった!!
(※つながってません)



2019_0607saki09.jpg

 そんなわけで、今日は咲-Saki-の話題です。
 ヤンガンNo.12に掲載された、咲-Saki- 第203局「神風」

 いやー、これは朝からテンション爆あがりでしたよ。
 というのも、前に書いたシノハユの感想↓

2019.05.25[土] シノハユ11巻と最新68話「羽風」から見えてくる、慕と小鍛治のつながり
http://canonsnk.blog69.fc2.com/blog-entry-4733.html

2019_0525saki09.jpg

 シノハユ11巻の巻末。
 ずっと慕だったのに、11巻だけすこやん!?
 これはきっと世界王者を目指すための布石になる!
 なんて感想を書いてたんですよ。
 そしたら、まさかこんなに早く伏線が回収してくるとは思わないじゃないですか!
 はぁー。
 なるほど、こうつながるのかー。

2019_0607saki03.jpg

 もちろん、これが慕という確証はないですよ。
 ミスリードかもしれません。
 けど、立先生ってこういう大筋は絶対にがっつり固めてくるイメージ。
 照と咲の姉妹もそうだしね。

 にしても、この成長した慕さん。
 白い羽と黒い羽をまとって、完全に人間辞めてますけど大丈夫ですか…。
 そら、すこやんもボコボコにされるわ。
 
2019_0607saki08.jpg

 この慕以外にも、今回の咲-Saki-はシノハユからのつながりが多いです。
 すこやんが自分より強いと評した雀士。
 シルエットから想像するに、この4人。
 そう思うと、島根やべぇな。
 長野も魔境だけど、島根もたいがいだったわ。
 
2019_0607saki07.jpg

 そしてそして。
 この、すこやんは素晴らしいセリフを読んで!

 また卓を囲めば昔に戻れる。

 これ!
 これね!
 咲-Saki-という作品の良さを、一言で表してますよ。
 
 僕の中で咲-Saki-って
「牌がつなぐ絆の物語」
 だと思っています。
 
 麻雀がきっかけで巡り会った人たち。
 麻雀が無ければ出会えなかった人たち。
 進む道は違えど、何年たっても卓を囲めば通じ合える。
 かけがえのない絆。
 牌にふれたものが、みんな幸せになりますように。
  
 そんな感じに、あらためて咲-Saki-の良さに触れた気分。
 すこやんエモいよ。
 絶対、シノハユでのキーマンになるキャラだろうし。
 今後の展開も楽しみです。

 ところで、すこやんのセリフでもうひとつ気になったところ。
 「IT社長」ってやつ。
 んー。
 あの世代の雀士でIT社長になりそうなのは、多分、閑無だけど…。


 ん?





 まさか…!!

 しかも、つかさ社長が食べてるもの。

2019_0607saki02.jpg

 新連載のまこ飯が作ったカツサンド!




完璧につながった!!
(※つながってません)


 
 アイマス脳ですまんかった。
 
 そんな咲-Saki-第203局「神風」。
 とにかく、情報量が多くてテンションがぶちあがったお話でしたよ。
 ありがとう!
 立先生が作る世界観に感心しながら、次号も楽しみにしたいと思います。
 それでは。


    22:57  Top

2019.05.25[土] シノハユ11巻と最新68話「羽風」から見えてくる、慕と小鍛治のつながり

2019_0525saki01.jpg

 本日25日は、咲-Saki-の新刊祭り!
 え?
 3冊全部買うと特典がつくの?
 わーい、ありがとうございますー。

2019_0525saki02.jpg


2019_0525saki10.jpg

 職質されなくてよかった…。

 まったく立先生ったら、手癖ですぐ大きくする~。
 本編では描けない分、特典でやりたい放題やってるイメージ。
 困った人ですありがとう。

 そんな咲-Saki-コミックですけど、内容については雑誌をリアルタイムで追いかけてますし、掲載のたびに感想を書いてますので、ここでは割愛。
 あ、けど咲-Saki-19巻と、怜-Toki-5巻のカバー裏マンガは必読。
 咲-Saki-の方は、女性同士でも子供ができる~という衝撃設定を知ったうえで読むと「あら~」って感じだし、怜-Toki-の方は「これを本編で描かんかい!!」という内容。
 怜-Toki-のカバー裏マンガの方が面白い説は、今後も続きそう。

2019_0525saki09.jpg

 そんな新刊コミックですが、今日のブログで特筆したいのはこちら。
 シノハユ11巻です。

 シノハユで好きなのが、この巻末のひとコマ。
 だんだんと仲間が増えていったり、このひとコマにシノハユの良さが全部詰まっているようで好きなんですよ。
 
 ところが…。

 今回の11巻のひとコマは衝撃でした。
 わかります?
 この後ろ姿。

 慕じゃないんですよ。

2019_0525saki07.jpg

 これまでの巻末は、慕とその仲間たち~という描写でした。
 けど、この11巻は慕ではなかった。
 では、この後ろ姿は誰なのか?
 
 答えはこちら↓

2019_0525saki08.jpg

 そうです。
 幼少期の小鍛治健夜です。

 どうして、巻末に小鍛治プロが?
 ここからは考察になりますが、どうやらビッグガンガンの最新話と関係してそうです。

2019_0525saki05.jpg

 コミックと同日発売のビッグガンガン。
 
2019_0525saki04.jpg

 シノハユ 第68話「羽風」

 この中で重要なシーンが出てきました。

2019_0525saki03.jpg

 世界王者と同じ卓につく。

 母親を探すというより、もはや奪い返す壮大な話になってきましたね。
 肉親を探して麻雀をする人なんて、立先生だけかと思ってました。

 で、この世界王者と対局するには、当然、世界ランキング上位に入らないといけません。
 いやいや条件厳しいでしょ。
 日本のプロでも、そんな世界ランキングに通用する人なんてそういないよ。

2019_0525saki06.jpg
 
 あ…。

 いるじゃん!!

 ここに!
 元世界ランキング2位のアラフォーがいるじゃん!!

2019_0525saki11.jpg

 お約束。

 小鍛治プロって、国内無敗のバケモノだけど、世界ランクにはあんまり興味がない~という人でした。
 けど…。
 これが何か理由があって、世界ランクを狙わなくなったとしたら?
 慕と世界王者との対局を実現させるため、世界ランクから退いた。
 もしくは、非公式で慕と対局して負けたか。
 
 11巻の巻末で小鍛治を描いた意味。
 最新話で世界王者への挑戦を描いた意味。

 一本の道筋が見えた気がします。

2019_0525saki12.jpg
 
 あくまで考察ですが、まだ出会ったことのない小鍛治が見えたり、巻末で描いた意味は絶対にあると思います。
 それに、インターハイで小鍛治のいる高校と戦うことは、すでに確定してますし。
 (ただしチームメイトに慕がいるかどうかはまだ解らない)

 物語に深く関わってくる人物なのは間違いないでしょう。
 今後の展開を楽しみにしつつ、慕たちの成長を見守っていきたいです。

 てなわけで、今日のブログでは久しぶりに咲-Saki-の考察でした。
 それでは、またどこかの卓で。
    20:38  Top

2019.05.18[土] ヤンガンNo.11「咲-Saki-」第202局 剣侠の感想

2019_0518saki07.jpg

 数ヶ月ぷりのヤンガン~。
 長らく休載していた「咲-Saki-」
 令和最初の掲載です。

 まぁ、その間に立先生からはとんでもない爆弾がぶち込まれて、咲-Saki-界隈は騒然としましたけどねw

2019_0518saki05.jpg

 というわけで、今日のブログは「咲-Saki-」第202局 剣侠の感想です。

 カラー見開きも、原点回帰のような長野背景の清澄。
 すばら。

2019_0518saki03.jpg

 とはいっても、今週は麻雀シーンは無し。
 インターバル中の、各高校の様子が描かれてました。
 けど、阿知賀だけは描写はなし。
 そこは次回かな。

 なので阿知賀関係はエサが無いな~。
 と思ってましたら、

2019_0518saki04.jpg

 待って待って!

 あの人の名前を覚えないことに定評のある淡がですよ。
 覚えてもカタカナで呼ぶ淡がですよ。

 高鴨穏乃だけ漢字なうえに、フルネームですよ!!

 明確なライバル宣言?
 いやいや違いますよ。


 「恋」


 そう。
 ラブですよ。
 立先生の女性通しで子供ができます発言は、ここにつながるわけよ。
 いやー、とんでもないエサが飛んできてお腹いっぱいの満腹フルコォス。
 このブログでは、淡×穏乃を応援しています。
 幸せになってほしいです。

2019_0518saki02.jpg

 と、そんな感じにひとりで盛り上がってましたが、編集者コメントでは、何故か京太郎が大活躍した回になってて吹いたw
 なに?
 これから京太郎が切られるの?
 ヤンガンのスタッフさん、京太郎が登場したら毎回叫んでそう。
 前にもあったし。
 次回の出番はいつかな。
 京太郎の再登場にご期待ください。

2019_0518saki01.jpg

 そんな咲-Saki-ですが、来週は単行本3冊が同時リリース。
 このせいで、長期休載してましたからね。
 今回も各店舗が描き下ろし特典をご用意。
 かっこいいものから、また立先生の手癖が暴走してえらいことになってるイラストもあり。
 楽しみです。

 あ、楽しみといえばもうひとつ。

2019_0518saki06.jpg

 6月のヤンガンからは、さらに咲-Saki-のスピンオフが増えます。
 怜-Toki-を連載されてる、めきめき先生がもう一本を手掛けるそうな。
 えぇ!?
 仕事量、大丈夫ですか…?
 もしかして、すっごい短いショート漫画になるのかもね。
 どんな内容なのか、詳細を待ちたいと思います。

 と、そんな感じに咲-Saki-関係の宣伝もしたところで今日はここまで。
 以上、「咲-Saki-」第202局 剣侠の感想でした。
    14:10  Top
    19:52  Top

2019.04.25[木] ビッグガンガンVol.5 怜-Toki-第31局「対峙」、シノハユ第67話「萌蘖」の感想

20190425193050e58.jpeg

毎月25日はビッグガンガンの日!
というわけで、咲-Saki-スピンオフの感想です。

まずは「怜-Toki-」
今月は第31局「対峙」

20190425193052f14.jpeg

怜「なんかあの回想シーンのくだり読んでも、なんで怜のストーカーになったかよう解らへんから、麻雀しようぜ」
竜華「数ヶ月かけて回想してたのに、話が噛み合ってなくてワロタ」

20190425193042dcb.jpeg

怜「舐めプレイしたらフォロー外してブロックするから」

20190425193053fb4.jpeg

竜華「オーケー、殺すわ」
怜「その観音ポーズ、なんで阿知賀編ではやらんかったん?」

20190425193048eb5.jpeg

↑次回の竜華はきっとこうなる予想。
初心者狩り怖。

にしても、竜華ってアニメ→怜-Toki-と、作品を重ねるごとに後付設定が増えた気がする。
おおまかなプロットが立先生の中にあったとしてもね。
この麻雀を経てお互いの友情が深まることを願ってますよ。

20190425193045136.jpeg

お次は「シノハユ」
第67話「萌蘖」

ほうげつ と読みますが、かなり難しい漢字ですね。
意味は、

「芽生えとひこばえ。種子から生じた芽と切り株から生じた芽」

とのこと。
今の慕を表現しているのでしょうか。

20190425193046cc6.jpeg

FXに持ち金を全部溶かされたような顔をしてますが、重い回想が続きます。
けど、この警察のくだりはしっかりと現実の捜索方法を調べて描いてるので、すごくリアリティがあります。
読んでて興味深くもありますね。

20190425193043318.jpeg

この時代にスマホはないだろ、というツッコミは野暮なのでスルー。
立先生も、そういう時代背景は無視する〜と書かれてましたし。
にしても、大手三社の中でも基地局の情報開示に差があるのは初めて知りました。
令状を出してもダメなのはソフトバンクかなー。
雰囲気的に。

201904251930557de.jpeg

そんな回想シーンも唐突に切れて戻ってきました。
「麻雀が手がかり」
そうなんですよね。
慕が全国を目指したのも、元々、母親に自分を見つけてもらうためです。
事実、見つけてもらえましたしね。
ただ、母親は記憶を失ってた、というヘビーな事実も突きつけられましたが…。

けど、この「母親に見つけてもらう」→そのために麻雀を強くなる。
というのは慕の根底にあるもの。
仲間への想いや部員のこともありますが、一番の理由はここ。
それをこのタイミングで思い出した意味。
次号は表紙&カラーということで、一気に反撃に転じる慕が見られそうです。

最新刊も同日に発売になりますし、咲-Saki-祭りです。
この勢いの中で、羽ばたく慕に期待しましょう。

というわけで、今回はここまで。
以上、ビッグガンガンVol.5の咲-Saki-作品の感想でした。
    20:09  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-と声優さんを応援しつつ、アイマスを本業としてます。
もはや格ゲー関係ないけど、コンボ動画は当サイトで公開中です。

ツイッター
ミンゴス20thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop