ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.10.14[土] 「いちだーすのおんがくたい~辺見さんを皆で盛大にお祝いしよう!祭り~」昼の部に参加してきました

下北沢

 声優「桜咲千依」ちゃんと、ギタリスト「辺見さとし」さん。
 このふたりの音楽ユニット。
 それが「いちだーすのおんがくたい」。

 インディーズバンド、というカテゴリーになるのかな?
 ふたりで不定期にライブを開催してます。
 で、今年初となるライブが本日開催~。

 昼の部に当選したので、参加レポです。

いちだーす

 会場は前回と同様にCom.Cafe音倉。
 到着したらすでに入場待機列ができてたけど、

コラボ

 たくさんの人がコラボパーカーを着てて微笑ましかったw
 
 これなら通行人に見られても「バイクのオフ会かな?」と思われるし、オタク色が薄いから平気。
 と思ったら、みんなデレステやっててカモフラージュできてなかったよ…。
 仕事だからしょうがない。

67番

 受付をすませて中へ。
 今日は辺見さん49歳のバースデーイベントだから、49番にはちょっとしたラクガキがしてあったらしい。
 ちなみに、30番にも何か書いてあったらしいけど、なんででしょうねー(棒

 80人くらいの参加者のうちの67番だったので後ろでまったり。
 とはいえ、そんなに広くないカフェですので十分近い。
 さらに、開演時はちょこたんが僕の前を通ってステージまで歩いていきましたし神席でしたわ。

 遅れて辺見さんも登場。
 みんなでハッピーバースデーを歌い、クマのケーキでお祝い。
 ビールもステージに届けられて和やかな空気。

辺見さん「これもライブだから、もう始まってるから」
 
 俺らがハッピーバースデーを歌っただけなんだよなぁ。

 
 そんないつものゆるい空気の中、ミュージックスタート。
 ちょこたんの歌声とギターだけのシンプルなライブ。
 本人は「カフェのBGM」と言ってましたが、いやいやとんでもない。
 こんなにじっくりちょこたんの歌を味わえるイベントなんて、そう無いですよ。
 今回はメドレーもあり、開幕から一気に歌いきってくれました。

 ここで休憩タイム。

紙

 受付でもらった紙に質問などを記入したんですけど、それを元にトーク。
 印象的だった部分をピックアップします。

「ちょこたんは絶対音感の持ち主」
 え!?
 そうだったんだ。
 これファンの間では基本知識だったのかな。
 始めて知りました。

「いちだーすは僕らの答え合わせ」
 ちょこたんと辺見さん。
 それぞれが活動してきて、たまに集まってこうしてライブをやる。
 この時間が、互いの成長とかの答え合わせの場所になっている。
 深い。

「作曲するときはどんなことを意識している?」
 ちょこたんが歌う~というのを一番に考えている。
 僕は白紙を作って、ちょこたんがそこに色を塗る。
 どれだけ塗りやすい白紙を作れるかが、僕の仕事。
 深い。

「猫とあれこれ」
 ちょこたん→グッズはDDだから犬も集めるけど、飼うなら猫だけ
 辺見さん→僕はこの娘だけ!という愛情があれば仲良くなれる。
 ただ、そんな愛猫たちと暮らしているためか服に猫毛がついちゃうらしい。
 今日のライブでも帽子から猫毛が落ちまくってましたw

 こんな感じ。
 そんなフリートークのあとは、抽選会。
 サイン色紙や私物がもらえるチャンス。
 前回は辺見さんからタオルをもらったのでワンチャンある!と思いましたが、今回は何もあたらず。
 次があれば是非。

いちだーす

 では、そろそろライブに戻りましょう。
 と、ここでスタッフがステージへ。
 
「そろそろ終了の時間です」

「「えっ!?」」

 どうやら17時までと思ってたら、16時30分までだったらしい。
 終了まであと10分なんですが、それは…。

ちょこたん「次が最後の曲です…」

 待ってww
 その後、交渉(?)して17時まで延長。
 よかったよかった。

 というわけでライブ再開なんですが、なんと披露されたのは新曲。
 しかも、辺見さんもまだ知らない歌。
 どういうこと!?
 と思ったら、音源だけを渡して歌詞はちょこたんにお任せしてたみたい。
 リハーサルでもやらなかったので、辺見さんは完全初見。

辺見さん「タイトルは?」
ちょこたん「未完成」
辺見さん「みかん星人?」
ちょこたん「違うよー!」

 そんなやりとりをしつつ曲がスタート。
 ふんふむ。
 思ったよりしっとり系なのかな?
 と思ったら、開幕の歌詞に「未完成」が出てきて辺見さんが吹き出すww
 
ちょこたん「みかん星人とか言うからだよ!もう歌詞変える!!」

 歌いながらケンカが始まったぞw
 そして、新曲終了。
 
辺見さん「ちょっと低いかな?」
ちょこたん「そうかな」
辺見さん「サビのキー上げてみるか」

 待って待って。
 これライブじゃなくてレコーディングだw
 その後、歌いながらキーを調整して、ちょこたんもメロディを合わせていきました。
 おー、曲の雰囲気がガラっと変わったぞ。
 普段、こんな感じに曲作りされてるのかな。
 なんかプロの収録現場に立ち会ったみたいで、これはこれで貴重なライブだったのかも。
 タイトルの未完成って、そういう(違

 
 そして、ここで唐突に告知が。
 
 なんとぉ!

 
 2018年2月3日

 いちだーすのおんがくたい渋谷公演決定!


 今度はバンドメンバーも呼んで、オリジナル楽曲にするとか。
 練習しているという、ちょこたんのドラム姿が見られるかも!?
 もちろんサイリウムもOKだし、タオル振り回すのもやりたいそうな。
 
 どうしてこの公演が決定したかというと、いちだーすも大きくなってきて落選が増えてきたのがきっかけらしい。
 こじんまりとしたカフェでのライブ~という形式はもちろん継続するけど、一度、落選者が出ないくらいの箱でみんなと盛り上がりたい、とのこと。
 なるほど、それは朗報ですね。
 ちょこたんのバーズデーも兼ねたこのライブ。
 今まで参加をスルーしてた方も飛び込んできてほしいですね。




 こうして大きな発表と共に昼公演は終了。
 最後はいつものようにハイタッチしてお別れ。
 
 至近距離でちょこたんを眺めながら、酒も飲めて、飯も食えて、歌も聞けて、ワンチャンあればサイン色紙がもらえて、ハイタッチもできるなんて、控えめにいって神話。
 このゆるい空気と距離感が、ちょこたんにとっては居心地がいいのでしょうね。
 ファンとWIN-WINの関係は築けているかも。

 その一方で、今回初参加な方々もたくさんいました。
 ふたりともビックリしてましたね。
 新規ファンが増えているのは嬉しい傾向だけど、こういった小規模イベントの競争率があがる。
 その打開策として、渋谷公演をやる。
 こうやって、ひとつひとつファンと向き合って歩んでいるのがいちだーすの良さ。
 今後も積極的に参加していきたいですね。

いちだーす

 そんな、本日のいちだーす。
 とっても楽しい時間でした。
 辺見さん、お誕生日おめでとう!
 次は渋谷でお会いしましょう!


 というわけで、以上「いちだーすのおんがくたい~辺見さんを皆で盛大にお祝いしよう!祭り~」昼の部の感想でした。
 それでは。

    21:33  Top

2017.09.23[土] 小梅オンリー「悪夢見せてあげる」

詩花

 世間はTGSで盛り上がってますね。
 アイマスの新キャラも発表されて、ざわついてましたよ。

 そんな中、僕が向かったのが、

ビッグサイト

 東京ビッグサイト!

歌姫

 目的はアイマスオンリー「歌姫庭園」。
 
 の、中で開催されてる

 「悪夢見せてあげる!

 そう、白坂小梅オンリーです。
 前から行ってみたかったオンリーですので、いいタイミングでした。

戦利品

 フロアをゾンビみたいにさまよって、戦利品を手にしました。
 右も左も小梅だらけで、F-ZEROの回復ゾーンみたいに歩くだけで体力がMAXになりましたよ。
 
 そんな戦利品の中からひとつだけご紹介。

小梅法被

 以前、企画された小梅法被。
 こちらのイラストを担当された、うめこさんのサークル「こゆびのさき」

スマホケース

 新刊としてスマホケースを制作されました。

 小梅をイメージしたデザイン。
 わかりますよね?

ヨモスガラ小梅

 ヨモスガラ・パーティー白坂小梅
 
 こちらを元にしたデザインです。
 そういえば、今回の即売会。
 ヨモスガラのコスプレを見かけたんですよね。
 というか、小梅コスが多かった。
 ありがたいことです。

スマホケース

 こちらのケース。
 パっと見はアイマスと解らないんですけど、

小梅

 開けると、こんなところに小梅ちゃんが。
 はい可愛い。
 ばり可愛い。
 外見は一般人には解らないし、開けると自分だけに小梅イン。
 完璧だ。

 買った時は残り3つでしたので、間に合ってよかったー。
 愛用させていただきます。

○○○を全部あげる

 そんな、うめこさんの新刊がもうひとつ。
 蘭子と小梅の物語です。

○○○を全部あげる

 成長したふたり、という未来を描いた内容。
 へー、面白い切り口ですね。
 さっそく読んでみましょう。


(ペラっ)


死亡

 無事死亡


 おいおいおい。
 死ぬわ俺。

 なんなの、この同人誌。
 らんこうめPが死ぬ前に見る走馬灯みたいなお話だったよ。
 つまり最高。
 最高オブ最高。
 うめこさんさすがや。
 
小梅ドール

 そんな感じに今日は小梅分を補給してました。
 いい悪夢が見られそうです。
 ふふっ。

 この小梅オンリー「悪夢見せてあげる」は、今後、3回目まで予定されていて全て歌姫と合同。
 小梅オンリーの定番となるのかな?
 また機会があったら足を運んでみたいと思います。
 それでは。
    22:05  Top

2017.09.10[日] 桜咲千依チヨパカパーク第3章 夜公演の参加レポート

夜の部

 今日のブログは、昨日の続きです。
 ちょこたんこと桜咲千依さんのファンイベント。
 「桜咲千依チヨパカパーク第3章」

 本日は「夜公演」の感想レポートです。
 (昼公演の感想はこちら

チヨパカ

 昼公演のゲストはるるきゃんでしたが、夜公演はこちらの3人。
 写真の左から、

・真坂美帆さん
・荒浪和沙さん
・本多真梨子さん

 プライベートでも仲良しという3人。
 どのくらい仲良しかというと、毎日、LINEを送りあってるそうな。
 それはかなり親交が深いね。
 ひたすらスタンプを送り続ける謎のLINEグループみたいだけど(汗

 そして、ちょこたんは昼公演とは違って、キュート全振りな衣装で登場。
 普段着じゃないよ、こんな可愛いの着ない~とは本人談。
 ちなみに、昼公演では前が大きく開いたデザインで、チラチラ見える足がセクシーでした。
 ただ、あまりにチラチラ見えるものだからスタッフも心配して「隠してください」とカンペを出したくらい。
 本人は下に短パンをはいてるから平気だったんですけど、僕らはそれを知らないですからね。
 ちょこたん攻めるなーと思ってましたよ。

ちょこ「もー、みんな足ばっか見すぎ!」

 ごめんなさい(汗
 けど、とっても似合ってましたよ。

 さてさて。
 夜公演に集まったゲスト3人。
 勝手知ったる関係とあって、トークも身内オーラ全開。
 
真坂「わたし、ちょこたんの彼女だから」
荒浪「え?じゃあ、ちょこたんが彼氏なの?」
ちょこ「いっぱい彼氏面するね。まかせろ美帆」
真坂「………」
ちょこ「あれ!?」

 そんなノリが終始続きます。
 このノーガードで殴りあう感じ。
 夜っぽくなってきた。

覆面マスク

 夜公演で行われたのは、

『桜咲千依にまつわる覆面座談会』

 みなさん、↑のような覆面マスクを被って再登場。
 目が隠れているから、いったい誰だか解らないぞ。
 この状態で、ちょこたんのぶっちゃけトークをしよう。
 そんな身内ならではの企画。

 トークテーマは、事前に紙に書いてもらった内容をもとにやるみたい。
 
ちょこ「やばい内容だったら破り捨てるから」
 
 強い。
 はたして、いったいどんなトークが飛び出すのか。
 ここからは覚えている範囲で、過剰書き。


「ちょこたんはクール」

 愛らしい顔して、けっこうサバサバとしてる。
 可愛い声で「いらなーい」とかバッサリ切る。
 部屋が片付かないと相談したら、使わないものは「一ヶ月で捨てろ」と発言。
 短くない?
 せめてワンクールはもたせようよ!とは荒浪談。

「ちょこたんはバブみがある」

 わかる。
 めっちゃ、わかる。
 ちょこたんは「バブみって言葉にたびたび遭遇するけど、ちゃんとした意味を知らない」とのこと。
 要するに「母性」だよ、という発言に納得した感じ。
 ちょこママ。

「しょうがの葉っぱを食べる」

 野菜メインのレストランでみんなで食事。
 ビュッフェ形式なので好きな野菜をもっていくんだけど、ちょこたんは「しょうが」をチョイス。
 ただ、食べ方が解らないのか葉っぱを食べようとして、あわてて止められる。
 しょうがは磨るものだから!
 その後、しょうがを丸ごとかじって「うぇ~」となる ちょこたん。
 だから、なんで磨らない。
 そもそも、どうしてしょうがを取ったのか不明だが、本人曰く料理しないから知識がないらしい。
 しょうがない。

「バイクの免許は苦労した」

 ちょこたんがバイクを乗ってるのは、ファンの間では有名な話。
 ライダーなんです。
 ただ、免許取得は簡単にはいかなかったみたい。
 バイクの試験で、細い道をバランスを保ったまま通過する場所があるんですけど、そこが難しくて毎回落ちたらしい。
 落ちた回数は、なんと7回。
 2回目にいたっては後方確認を忘れただけでアウト。
 荒浪さんは「落ちるとめっちゃ凹むのに、ちょこたんは7回もチャレンジして偉い」と賞賛。
 「7回目とか、どんな気持ちで教習所に向かったんだろう」という疑問に、「1回落ちれば7回目も変わんない」とレス。
 ちょこたんクールや…。
 「教習所でかかった費用は取り返したかった」
 あ、それが本音だったか。


「マカロンは苦手という事実」

 プレゼントで甘いものをいただくことが多い、それはとっても嬉しい。
 ちゃんと食べる。
 ただ、マカロンは正直苦手らしい。
 ちょっと食べて、あとは母親に贈呈。
 どっちかというと、塩辛いものが嬉しいらしい。
 待って。
 そんなこと言ったら、ちょこたんのプレゼントボックスが酒のつまみだらけになって、立花理香さんのボックスと間違えられるよ!

「パンケーキよりも肉だ」

 さっきのマカロンの話の流れから出たのが、このトーク。
 ちょこたんはパンケーキに誘ってもなかなか来てくれないが、焼肉に誘うと即集合。
「ちょこたんってパンケーキ美味しい~♪わたし甘いもの大好き~♪というイメージでしょ?」
「違うの、この子は肉しか食べない」

 つまり、ちょこたんは、

ピンクチェックスクール

 こっちではなく、

炎陣

 こっち!

 またこの世界に、新たなちょこたんの生態が判明。
 なるほど。
 ちょこたんはクールなバブみで肉ライダーだったか。
 むしろ好感度が増した。
 好き。

クイズ

 そんな覆面座談会が終わったところで、続いてはこちら。
 「クイズ、桜咲千依に合わせよう」
 昼の部と同じコーナー。
 常識問題にちょこたんは何と答えたかを当てる流れ。
 答えは4択で、A~Dの札をあげて回答。
 残った3名には豪華サイン入り色紙がプレゼント。
 では、はりきってまいりましょう!

 だが…。

 この時、僕らはまだ知らなかった。
 ちょこたんの頭脳を…。
 昼公演はあっさりと決定したため、みんな油断してた。
 それは、一問目で早くもおきた。


「世界で一番小さい国は何?」

A:パリ
B:シベリア
C:ナイジェリア
D:バチカン市国
 
 選択肢はうろ覚えだけど、たしかこんな感じだったハズ。
 正解はDのバチカン市国なんだけど、ちょこたんは何と答えかを当てなければならない。
 ちょこたんに詳しいゲスト3人は、

「Dは無い。ちょこたんはこんなの知らない」
 
 と、バッサリ。
 AかCではないかと予想。
 僕もAがちょこたんっぽいと判断。

 そして、出た答えは…

 
 B:シベリア



シベリア

 ロシア!!

 この答えに会場騒然。
 そもそもシベリアは国じゃないし。
 そんなことよりも、シベリアが小さいという認識もやばい。
 この斜め上の回答に、参加者はほぼいなくなり、次の問題で全滅。
 たった2問で正解者がいなくなりました…。

「はい全員立って!!やり直しだ!」

 やばい。
 ちょこたんの知能をなめてた。

 仕切りなおして再開!
 …したのはいいのですが。


「日本で一番小さい県は?」
 沖縄県

「日本の最南端は?」
 知多半島

「スズをメッキしたものは?」
 鉄

「人魚と間違えられた動物は?」
 カピパラ

「月に着陸した宇宙探査機は?」
 アポロ?号

「万有引力を発見したのは?」
 日本の人


 と、回答がどんどん雑に…。
 ちょこたん、これ途中から飽きてきてない?
 連発する珍回答に誰もついていけず、会場内は全滅→やり直し→全滅の繰り返し。
 仲良しゲストの3人も、

「ちょこたんが解らない…」

 と、弱腰。
 完全にドン引きしてるよ。

 そして、会場内を一番ざわつかせた回答が、これ。



「相撲の番付で、大関、関脇の次は?」

 という問題。
 これに対する選択肢が、こちら。

A:力士
B:山
C:海
D:小結

 この4択。
 正解はDの小結なんだけど、きっとちょこたんは力士とか答えたかも。
 そう予想して、Aをあげる人が多数。
 そんな中、ちょこたんは実は知っているだろう~と、Dをあげる人もチラホラ。
 そして、衝撃の回答がこちら。



 C:海




海

_人人人人_
>  海   <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄



「え?どういうこと!?ちょこたん、これ何!?」
「番付って階級だよ?」
「なんで海になったの?」

 どうやら、力士がお相撲さんだということは知ってたらしい。
 ただ、小結なんて単語は知らない。
 で、どうして海が出てきたかというと、力士の名前に「海」がつくのが多いから。
 あれがランクだと思ってたらしい。

「あー」
「うーん」
「あっ…うん?」

 おい、ちょこたん。
 仲良しゲスト3人とも困惑してるぞ。
 もちろん、会場内は全滅。
 正解者は誰もいませんでした。

ちょこ「誰も私をわかってくれない…」

 そんな波乱のクイズコーナー。
 どうなるか不安でしたが、最後は奇跡がおきた。
 3人だけが正解して残る、という衝撃の結末。
 見事、サイン色紙が進呈されてクイズコーナーもなんとか終わりました。
 ゲストさんぐったりしてるな。
 お疲れ様でした。




 この後は、昼公演と同様にライブコーナー。
 セトリも一緒でした。

 ただ、昼と違うのはゲストが楽屋ではしゃいでて、その声がこちらにまで聞こえてきたところw
 荒浪さん荒ぶりすぎww
 ライブビューイングで応援してる俺らだ。
 こういうところからも仲の良さが伝わってきて素敵。




 こうして昼→夜と続いたチヨパカパークも無事に終わりました。
 最後はちょこたんとハイタッチしてお別れ。
 
 終始笑いっぱなしで、あっという間の時間でしたよ。
 本当に楽しかったー。
 ゲストもちょこたんに容赦ないし、身内感あるイベントもいいものですね。
 ちょこたん自身もリラックスしてるように見えたし、素の部分がたくさん見られたかも。
 ファンイベントらしい内容でした。

 そんなチヨパカパーク。
 4回目はいつかな?
 来年の誕生日かな。
 また開催されたら、是非とも参加したいと思います。
 みなさんもどうぞ。
 ちょこたんと近距離で触れ合えて、いろんな歌声がきけるイベントだよ!
 あと圧倒的に小梅Pが多いですw
 
 はい。
 というわけで、昨日~今日と一気に書きなぐってきた感想レポート。
 勢いで書いてますので、記憶違いや抜けてる部分があったらごめんなさい。
 参加できなかった方に、少しでも当日の様子が伝われば幸いです。
 
 それでは以上、桜咲千依チヨパカパーク第3章 夜公演の感想でした~。
 読んでくださり、ありがとうございました。
 \チヨチャン/
    18:42  Top

2017.09.09[土] 桜咲千依チヨパカパーク第3章 昼公演の参加レポート

桜咲千依チヨパカパーク 第3章

 \チヨチャン/

 ちょこたんこと桜咲千依さんのファンクラブ「チヨパカパーク」。
 こちらのファンイベントが開催!
 タイトルは、

「桜咲千依チヨパカパーク 第3章 ~チヨパカパーク1周年だから仲良しゲストと一緒に(仮)~」
 
 です。
 第3回目となるイベント。
 
昼夜

 昼夜、両方に参加してきました。
 しかも、けっこう良席。
 ミリオン武道館もこんな感じにチケットが届いてくれれば…。
 
 今日はこちらの「昼公演」の参加レポートです。
 長くなるので、夜公演は明日に回します。

 会場は前回と同じ、東京カルチャーカルチャー。
 前回はご飯を食べながらのイベントでしたので、今回のそのつもりで挑んだらステージ前に椅子がずらずら~。
 あれ?
 今回は普通にトークイベントっぽい流れ?
 やべぇ…お昼ご飯食べてこなかったわ。
 代わりにちょこたんの笑顔でお腹いっぱいになろう。

るるかわ

 10分押しくらいでイベントスタート!
 昼公演のゲストは、るるきゃんこと佳村はるかさん。
 るるかわ。
 どんなトークが飛び出すのか、楽しみー。

 まずは、ちょこたんの挨拶から。

「今日は、桜咲千依チヨパカ…k…ク?」

 開始10秒で噛んだーっ!
 本人曰く、チヨパカパークは言い辛いらしい。

「名前変えようかな」

 一周年目で挫折しないでw
 ちなみに、タイトルに(仮)がついてるのは、最後まで謎だった。

 さて。
 まずイベントの流れですけど、最初はこちら。


「千依の部屋」
 

てつこのへや

 完全にパクりですけど、大丈夫ですか…。
 映像に残らないからって、やりたい放題ですね。
 曲も「る~るる、るるる、る~るる♪」だし。

 ん?

 今回のゲストは、るるきゃん。
 だから、る~るるだったのか!!

 ちょこたんの華麗なMCさばきで、るるきゃんの良さを引き出そうというコーナー。
 すでに第一歩目から不安しかない。
 しかも、このコーナー。
 ノルマがあって、トークをしながら達成しなければなりません。

 ノルマは3つ。

「1:ダジャレをたくさん言う」
 
 楓さんかよ。
 ちょこたんのダジャレ?
 想像つかんぞ。

「2:ゲストに褒めてもらう」

 あ、これはできそうじゃない?
 るるきゃん褒め上手なイメージあるし。

「3:ゲストに気付かれずに、ゲストのドリンクを飲む」

 うおっ…これは厳しいな。
 みんなも協力して~とのことなので、我々もがんばらせていただきます。

 このノルマのことは、るるきゃんは知りません。
 果たしてるるきゃんに悟られることなく達成できるか!?
 いよいよ千依の部屋スタート。

るるきゃん

 まずは、るるきゃんのプロフィールから紹介。
 宣材写真に苦笑。
 いつのだよ。

ちょこ「誕生日は2月14日。私と近い~」
るる「そうなのー」

 ちょこたんは2月12日生まれですからね。

ちょこ「関西弁できるの?」
るる「ぜんぜん…」

 おい姫松高校w

ちょこ「趣味は散歩?」
るる「これ書いておければ無難かと思って…」

 声優あるあるですね。

ちょこ「特技はないの?」
るる「指相撲、腕相撲、尻相撲と相撲シリーズを書いたのに載せてもらえなかった」

 突っ込みどころ多すぎだろw
 なんで趣味→散歩という無難な回答してるのに、特技はそんなに攻めるのw
 その後、ちょこたんと指相撲をやってましたが、るるは強かった。

ちょこ「腕相撲だと、誰が強いだろ?」
るる「勝手なイメージだけど、原優子ちゃん。 あと、のじょは強い」

 確かに強そうw
 
ちょこ「資格も書いてないね」
るる「運転免許はもってるけど卒業してから乗ってなくて…。仕事でふられても嫌だから書かなかった」

 なんでも取るのに2年かかったらしい。
 ちょこたんはバイクに乗ってるけど、7回も失格したとか。
 このあたりの話は夜公演でも出ましたので、詳しくはそちらで書きます。


 そんな感じに、たどたどしくもMCを続けるちょこたん。
 おっ、これならノルマも達成しながらトークもいけるんじゃない?
 と思ってたら、

ちょこ「布団がふっとんで…」
るる「え?」
ちょこ「素敵なステッキとか」
るる「え?え?」

 なんで、何の前触れもなくダジャレをぶっこんじゃったのwww

 高垣楓も真顔になるよ。
 けど、そこはるるきゃん。
 ???になりながらも、

るる「私のトークが詰まったときにダジャレでフォローしてくれたんだね」

 と、聖母のような回答。
 なんて優しい世界。
 ゲストがるるきゃんで良かった。

 と、これで何とか持ち直したと思ったら、突然、

ちょこ「あー、るるきゃん、あそこ見てー」

 と、会場の後ろを指差す。
 ???となりながら、会場奥を眺めるるるきゃん。
 その隙に、ドリンクを飲みに行くちょこたん。
 だから、どうして前振りが無いのww
 随分と力技でしたが、僕らも後ろを指差してちょこたんをフォロー。
 これで、るるきゃんに気付かれることなくドリンクを飲めるだろうな~。
 と思ってステージをみたら、




 あの…






 ちょこたん







 自分のドリンク飲んでるんですけど…



 そして、やりきったぜ!
 という顔をして席に戻るちょこたん。
 あかん…。
 これ絶対にノルマを勘違いしてる。
 だが、僕らにはどうすることもできない。
 るるきゃんも何かを察したっぽいけど、特に突っ込まずに「何かいたのかな~」と席に戻ってました。
 優しい世界すぎんだろ。
 涙すら出てくる。


ライオンズるる

 波乱のプロフィール紹介が終わったところで、次のコーナー。
 こちらは、るるきゃんが撮ってきた写真を紹介する流れ。
 一枚目は、プロ野球の西武ライオンズを観覧する時のもの。
 (写真はイメージです。実際に使われたものとは違います)

 アイマスとのコラボでも話題を呼んだパリーグ。
 こうして趣味が広がってるのはいいですね。

るる「ちょこたんは野球わかる?」
ちょこ「あんまり…」
るる「ルールは?」
ちょこ「えっと、たしか文字が3つあって…、Sがストライク」
るる「あってる、あってる」
ちょこ「それで、Bが…」
るる「うんうん」

ちょこ「ブレイク」



ブレイク

 ブレイク!

 頭をかかえた、るるきゃん。
 僕らも腹筋が死んだよww

ちょこ「そして、Oがアウト」
るる「そこは合ってるんだ」
ちょこ「あ、Bはボールだ!」
るる「それ、それだよ」
ちょこ「何となく思い出してきた」
るる「じゃあ、アウトをいくつとったらチェンジ?」

ちょこ「2、3回」



_人人人人_
> 2、3回 <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄



 なんでランダムなんだよww
 やべぇな。
 シンデレラ宮城公演で、ゆっきーからストライクをとった子とは思えん…。
 上坂すみればりの野球知識だよ。
 
胴上げ部

 野球トークで盛り上がった次は、こちらの写真。
 って、これは何?

 と思ったら、「熱血高校 胴上げ部」というアプリらしい。

 るるきゃんのお気に入りらしく、エライ谷さんがやってるのを見て、自分もプレイしてみたとか。
 要するに、胴上げして高く投げるゲーム。
 るるきゃんはエッフェル塔くらいが限界らしいけど、エライ谷さんは大気圏を突破したらしい。
 シンデレラ界隈は収録しながら何やってるんですかw

ロス

 最後の写真は、こちら。
 シンデレラでロスに行った時の写真。
 実際使われたのはこの写真ではなく、飛行機の中でグミをもってイキってるもの。
 いい感じにアメリカかぶれでしたが、充実してる様子が伝わってきます。
 海外でのイベントもちょいちょい増えてきましたね。
 タイミングが合わずに参加はできてませんが、パスポートはもってるのでいつか海外まで追っかけていきたいです。


 そんな感じに、写真コーナーも順調に進行。
 と、ここでちょこたんの表情が曇る。
 どうやらノルマを忘れたらしい。
 うーんと考え込みましたが、何とか思い出したご様子。
 よかった。
 「ゲストに褒めてもらう」ですからね。
 思い出したようで何より。
 
 すると、ここでちょこたんが一言。


ちょこ「るるきゃん、褒めて」




ヘタクソかよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


 こういうノルマはトークの合間にさり気なく仕込んで、気付かれないよう達成するもの。
 なのに、この子は、ドストレートに、聞いてきたよ。
 ノルマを思い出した瞬間にぶち込んできたよ。
 すげぇよ。
 ゲストに向かって「褒めて」と強要してきたよ。
 とんでもねぇ部屋だぞ、ここは。

 それに対して、るるきゃん。
 ちょこたんは可愛くて~、歌がうまくて、努力家で~と、褒めちぎり。
 なんという神リプ。
 先ほどるるきゃんは聖母と評したけど、ここまでくると女神かもしれん。
 マザーテレサも裸足で逃げる優しさ。
 るるかわは世界を救える。
 間違いない。

ちょこたん

 そんなgdgdのMCも、るるきゃんの女神トークで滞りなく進行。
 続いてのコーナは「ゲストに合わせよう」。
 
 これはお題に対して二人が同時に回答。
 見事、答えが同じだったら仲がいい証拠。
 という単純明快なコーナー。

 さっそく最初のお題。

『大金といえば?』

 またざっくりとした質問だな。
 けど、ふたりは何か自信ありげ。
 
るる&ちょこ「「せーのっ、一億円!」」

 おお、ぴったりハモった。
 どうして?
 と思ったら、始まる前のメイク中に、ちょこたんがるるきゃんに「大金といえばいくら~」と聞いていたらしい。
 完全に不正じゃねぇかw

 続いてのお題。

『人気のアイドルといえば?』

るる&ちょこ「「せーのっ、シンデレラガールズ!」」

 ですよね!


 ラストのお題。

『ご飯に合うおかずといえば?』
 
 おっ、ラストはちょっと難しそう。
 さーて、どうするちょこたん。

ちょこ「るるはご飯に何をかけるの?」

 ドストレート!
 ちょこたんは豪腕だね。
 さっきからストレートしか投げてないよ。
 
 ここでるるきゃんからヒント。
 ピンク色で、サンクリっぽいキャラがイメージ。
 ここでピンときたちょこたん。


るる&ちょこ「「せーのっ、シャケ」」

 正解。

シャケ

 ちなみに僕はまったく解らなかったです…。
 このヒントで通じ合えるんですから、ふたりは仲良しですよ。


 そして、一通りのコーナーが終わったところで、ここでノルマの発表。
 
 ひとつ目は、

「1:ダジャレをたくさん言う」

るる「あ~そういうことだったんだー(棒」
ちょこ「気付かなかった?」
るる「自然すぎて気付かなかったー(棒」

 ありがとう、るるきゃん。

 続いて、ふたつ目のノルマ。

「2:ゲストに褒めてもらう」

るる「あ~そういうことだったんだー(棒」
ちょこ「気付かなかった?」
るる「流れるようなトークで気付かなかったー(棒」

 本当にありがとう、るるきゃん。

 そして、最後のノルマ。

「3:ゲストに気付かれずに、ゲストのドリンクを飲む」

 ここでちょこたん。
 ゲストのドリンクであることに、ようやく気が付く。
 そうだね。
 自分のをごくごくと飲んでたもんね。

 るるきゃんと顔を見合わせる、ちょこたん。
 
 と、ここで「あー、あれは何~」と、またもや会場の奥を指差すちょこたん。
 「なになに~?」と、奥を見渡するるきゃん。
 その間にゲストのドリンクを飲むちょこたん。
 
 ノルマ達成~。

 なんだこれ。
 るるきゃんも「あれ~いつの間にかドリンクが減ってる~」と茶番に付き合ってくれました。
 優しい世界というか、介護だよもう。
 ひとつ解ったことがある。

 ちょこたんにMCをやらせてはいかん

 人類にはまだ早かった。

クイズ

 そんな千依の部屋が閉幕したところで、続いてのプログラム。
 ここからは進行が、るるきゃんにバトンタッチ。
 ゲストに進行させるイベントとかw
 けど、とってもスムーズになりました。
 ありがとう。

 今度はクイズに挑戦。
 事前にちょこたんには常識クイズに回答してもらってました。
 いったい何と答えたかをみんなに考えてもらう流れ。

 ここで裏話。
 最初、企画者の伊福部崇さんがちょこたんに問題を投げたら、正解率99%で返ってきたそうな。
 これは不正しかないと確信して、ちょこたん呼び出し。
 その場で解いてもらったそうな。

ちょこ「だって調べちゃダメとか言われてないもーん」

 せやな。
 そして、再挑戦してもらった常識問題。
 そっちは正解率1%だったそうな。
 ひぐらしかよ…。
 
 そんな情報を踏まえて、クイズに挑戦。
 難しいのは、問題の正解ではなく、ちょこたんは何と答えたかを予想しなければならないところ。
 いかにちょこたんとシンクロするか。
 それが勝利のカギ。

 答えは4択。
 配られたA~Dのカードで回答する、と。

 OK、理解した。
 ちょこたんとのシンクロ勝負、いざスタート。

 
 が!



問題「ナポレオンのフルネームは?」

正解→ナポレオン・ボナパルト

ちょこたんの回答→ナポレオン三世


 と、完全にあかん。
 事務所的に大丈夫ですか、これ。
 この難問に、僕らも次々と姿を消して…。
 残ったのは4人。
 
 最終的に3人にサイン色紙がプレゼントなので、最後はじゃんけん。
 見事、ちょこたんの思考を理解した3人の勇者が残りました。
 おめでとう!
 
 ちなみに、このクイズ。
 夜公演の方がやばかったです。
 ですので、クイズについてはそちらでメインに書きます。
 本当にやばいので覚悟してて(汗

ライブ

 そして、チヨパカパークもオーラス。
 ライブコーナーです。

 歌ってくれたのは4曲。

 1曲目は、いちだーすのおんがくたいより。
 解らない人はググってね。
 YouTubeにいっぱいあるから。
 
 2曲目は、今回の物販で売られていた「BrightlyDays」
 タイトルが読めなくて、

「ブラッディ?」
 
 とか言い出すもんだから、小梅の曲かと思いましたよw
 綺麗なバラードでした。

 3曲目もオリジナル。
 和風の楽曲で、今回のイベント用に作られたもの。
 まだ音源化はされてないので、いつかみなさんに聞いてもらえるといいですね。
 



 4曲目は、こちら。
 星のガールズオデッセイ主題歌「BeautifulAnswer」
 すごいノリがいいので、いつかスタンディングライブとかでみんなと盛り上がりたい~とのこと。
 今回のライブは音源化されてないのも多かったので、なかなか貴重なステージでしたね。
 ちょこたんのいろんな音楽が見られて幸せでした。
 僕の推しがこんなにも尊い。
 さっきまで珍回答してた人とは思えん。
 声優あるある。





 こうして、るるきゃんゲストの昼公演も無事に終了しました。
 にしても、るるきゃんもちょこたんと素敵な衣装だったなー。
 すごい好みだったので、ブログとかで写真が載ると信じてます。
 お願いしますよ。
 
 
 さてさて。
 ざっと書きなぐってきた、チヨパカパーク昼公演。
 だいたいの雰囲気は伝わってくれた…かな?
 とにかく笑いすぎて記憶が飛んでたので、書きもれてるところも多いと思いますが、そこはご愛嬌。
 ちょこさんとの距離も近くて、眼福でした。

 そしてそして!!

 最後は、ちょこたんがお見送り。
 ハイタッチして解散となりました。
 ちょこたんと合法的にふれられるなんて、最高オブ最高。
 僕の後ろにいた女性ファンも「やばい、しんどい、つらい」と話されてましたし、めっちゃ解る。
 ファンイベントとはいえ、ここのでサービスしてもらって嬉しい限りです。
 是非、また参加しますのでこれからもファンイベントの開催を楽しみにしてます。

 というわけで、昼公演はここまで。
 夜公演のレポは明日のブログでまとめますので、どうぞよろしくです。

 それでは、また明日!
    23:59  Top

2017.07.29[土] 新宿に期間限定でオープンした「VR ZONE」を体験してきました

VRゾーン

 PSVRの登場で、一気に身近になった感のあるVR。
 そんなVRをたっぷりと味わえる施設が新宿にオープンしました。
 その名もVR ZONE
 期間限定ですので、終わる前に駆け込みましたよ。
 
 なんでまたVR?

 というと、こちらのツイートをご参照↓







 ご覧の通り、シンデレラガールズやミリオンライブのキャストさんが楽しそうに遊んでたから!
 つまり、VR ZONEは実質アイマス
 プロデューサーとして参加しないわけにはいられなかった。

場所

 それにしても、新宿にこんな場所あったか?
 と思ったら、昔、新宿ミラノ座があった場所だ。
 取り壊して、こんなホールにしたのかー。
 
店内

 施設内はこんな感じ。
 なんかPSO感ある。

エヴァ

 たくさんのVRコーナーがありましたが、まずは手始めに「エヴァンゲリオンVR 魂の座」。
 きみに決めた!

「使途が攻めてくるので、みんなで倒してください」
 ふむふむ。
「攻撃をうけて動かなくなったら、原作のシンジ君のようにレバーを前後に動かして”動け!動け”と叫んでください」
 マジかw
「そうすれば早く復帰できます」
 なるほど、了解。
 
操作

 操作説明は、まんまバーチャロンでしたw
 エヴァはSEGA製だったか。

機体

 機体はこんな感じ。
 椅子も揺れるし、風も吹くので臨場感はバツグン。

 …なんだけど。

 動かなくなった機体を「動け!動いてよ!」と叫ぶところは、周りから見てるとシュールすぎた(汗
 こればっかりはしょうがないね。
 VRは、やってる本人とギャラリーとの温度差があるものだし。
 
 そんなエヴァを体験~。
 3人一組で戦うし、いうてもゲームでしょ?
 バンバン撃ってりゃ勝てるだろ。
 
 そう思って、いざゲームを始めたら、


ゼルエル

 ゼルエルかよ!!!

 めっちゃ強い。
 レーザーがんがん撃って来るし、全方向カバーしてる。
 こいつ撃ちすぎだろ!
 なのはさんかお前は!
 「ちょっと頭冷やそうか」
 近付くのも困難なうちに時間切れ。
 最後はゼルエルに食べられました…。

 シンジ君、バカにしててゴメン。
 わりと無理ゲーだったわ。
 今度はサキエルあたりと戦わせてください。

VR

 そんな感じに、いろんなVRを順番に体験。
 どれも面白かったけど、興味深かったのはPS4のコントローラーがついてるところ。
 ということはゲームのエンジンはPS4なのか。
 ただ、VR機器はPSVRとは別モン。
 もっと頭にしっかりと固定される仕様でした。
 
つり橋

 ラストに和氣あず未さんも体験した、猫を助けるVRもやりました。
 他のVRが椅子に座るタイプですが、こちらは自分の足で歩くタイプ。
 どうやって自分を認識させてるかと思ったら、専用のベルト、グローブ、靴をつけて移動する仕様でした。
 なるほど、これで画面内を好きに歩けるわけか。

高所恐怖

 高所恐怖症の人には絶対にできないVRでしたね。
 猫を助けて戻るとき、板が壊れるのも卑怯。
 「ひぃ」って声が出たよ。
 周りのギャラリーからは、あのおっさんは一人で何してんの?と思われただろうけど、やってみさらせ!
 マジで怖いから。
 
 まぁ、一番怖かったのは、カップルだらけの施設で、ひとりウロウロしてた自分ですがね!
 何の罰ゲームだよ…。
 本当は友達も誘いたかったけど、完全予約制で、自分が申し込んだ時は1枚ずつしか取れなかったんですよ。
 まぁ、それでも十分に楽しめましたけど。

VR ZONE

 そんなVR ZONE。
 めっちゃ混むかと思ったけど、予約制にして入場数を制限してるのと、一回の入場で4つまでのゲームしか遊べない仕様なので、そんなに酷い混み方はしませんでした。
 このあたりのお客さんの流し方は、よく勉強してるな~と感心。
 ゆっくりと周ることができました。

 8月いっぱいの期間限定での営業ですので、この夏休みの思い出としても最適。
 興味のある方は、是非VRの世界を堪能してみてください。
 それでは。

    14:24  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop