ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2017.06.11[日] TVアニメ「Re:CREATORS」11~12話先行上映会に参加してきました




 TVアニメ「Re:CREATORS
 現在10話まで放送されてますが、なんと先行で11~12話まで見られるイベントが開催。
 えぇ!?
 あの衝撃展開の10話の続きを早くも見れるん?
 こりゃ行くしか!
 というわけで、大阪→東京と大移動して参加してきました。

レクリエイターズ

 ネタバレになるので、11~12話の内容については触れません。
 今回のブログでは、そのあとのトークショーについて書きたいと思います。

 上映後のトークショーでは、あおきえい監督、山下大輝さん、豊崎愛生さんの3人が登壇。
 印象的だった話としては…。

まみかショック

「まみかショック」

 秋葉でお別れ会まで開催された、マジカルスレイヤーまみか。
 山下大輝さんもまみかを失った傷が大きくて、まみかショックが消えないとコメント。
 けど、中の人は、あの「村川梨衣」。
 アフレコ後、

「まみかの出番おわりなんですか!?」
「復活とかしないんですか!?」
「まだやりたいですー!!」
 
 と、大騒ぎだったそうな。
 容易に想像できるwww
 死亡後も、ちょいちょいアフレコ現場に顔を出しては、アリステリア役の日笠陽子さんと絡んでるらしい。
 りえしょんらしいです。

真鍳

「築城院 真鍳」
 
 インパクト絶大の真鍳ちゃん。
 足でこねくり回されるシーンは「靴くらい脱げよ!」だそうなw

 10話のラストで「第一部 完」と発言してましたが、実際の第一部は12話まで。
 真鍳はスタッフにまで迷惑をかけると話してましたw


松原 祟

「松原 祟」

 10話で完全に主人公だった、松原祟。
 このシーン。
 原作のテキストには入ってなかったそうな。
 そもそもセレジアが出てこない。
 けど、アニメに落とし込む過程で、絶対に入れた方がいいとして広江礼威さんとも話して加えたそうな。
 監督曰く、

・この作品はオリジナルだけど、自分としては広江礼威さんの原作テキストをいかに映像化するかが課題
・娯楽として楽しめるよう、いろんな工夫を入れてる。
・作り手がベストを尽くしても視聴者にはつまんないと取られる場合もある
・けど、それはスタッフの都合でもあるのでみなさんはシンプルに放送されたものを楽しんでほしい

 とのこと。
 リクリエイターズってすごく作り手側の想いを伝えてくる作品ですので、ついついスタッフ側の思惑とか考えてますけど…。
 アニメ作品としてみなさんの心に残り続けてほしい、というのが一番の願いということか。
 このあたりのコメントは、13話以降の展開も匂わせているようで興味深かったです。




 これ以外にもいろんな話が聞けましたが、印象的だったのはこの3つ。
 他はネタバレにつながるので割愛。
 にしても、監督のあおきえいさん。
 すごく知的な感じを受けました。
 ひとつひとつ丁寧に仕上げているイメージ。
 12話まで見てこの作品の落としどころというか、この先の流れみたいなのが見えましたし、楽しみにしたいと思います。

 
 そんな「Re:CREATORS」。
 とても意欲作だと思いますが、個人的にいまいち話題になっていないな…という印象。
 もっともっと話題性があってもいいけど、世間的にはどうなんでしょう。
 僕のアンテナが弱いだけなのかな。
 人を選ぶ作品だとは思いますが、とてもオススメできる作品です。
 アマゾンビデオでも全話視聴できますので、今からでも遅くない!
 なんか進研ゼミみたいなコメントだな…。
 ともかく、全話視聴できる環境はあるので、興味がある方は是非ともよろしくお願いします。


 というわけで、今日のブログはここまで。
 アイマス大阪公演に参加してから、東京に戻ってRe:CREATORSに参加。
 慌しい週末でしたが、充実した土日でした。
 付き合ってくれた友人にも感謝。
 ありがとう。

 さてさて。
 今日はRe:CREATORSについて書いたのでアイマス大阪公演の感想については、明日更新できる…かな?
 書けるようなら月曜に更新したいと思います。
 それでは。

    23:59  Top

2017.06.05[月] バイオハザード:ヴェンデッタの感想(ネタバレ注意)

バイオハザード:ヴェンデッタ

 バイオハザードの映画を見てきました。
 バイオの映画というと、女性が主人公で究極のラスボス ウェスカーが渋谷を爆破した話が有名ですが、あっちじゃないです。
 フルCGで作られたバイオハザードの方です。

レオン

 ちなみにこれは来場特典のクリアファイル。
 いらn……あ、レオンかっこいいですね。
 レオン様。
 なんでレオン推しかというと、フルCGバイオは全てレオンが主役だから。

 今回で3作目だけど…
 
バイオ1

 1作目→全部レオンでいいんじゃないのか?


バイオ2

 2作目→全部レオンでいいんじゃないのか?


 そして、今回の3作目はどうだったかというと、

 全部レオンでいいんじゃないのか?

 でした。
 知ってた。

 そんな3作目の「バイオハザード:ヴェンデッタ」。
 どんな話かを簡単にまとめると、

ゾンビ

 ゾンビを量産したよ。
 今ならもれなくアメリカ滅ぶからみんな課金して。
 

ズガガガガ

 女もらうけど、野郎は全員死んでOK

結婚

 街滅んだけど、とりあえず結婚するか。

犬

 ゾンビより数億倍強い犬。
 こいつを量産した方がいいんじゃね?

バイク

 ちょっと犬とツーリングしてくるわ。
 高速道路壊れたけど、いいよね。

レールガン

 大丈夫。
 何のために撃ったかわからんレールガンでビルぶっ壊れたから。
 4つほど。

ドーン

 ↑レベッカ


 以上です。
 そろそろアベンジャーみたく、BSAAも国連に怒られて監視されるんじゃないのか?
 そして、レオンとクリスが対立して、内輪揉めでまた街がぶっ壊れる。
 シビル・ウォー!

 そんな、バイオハザード:ヴェンデッタの感想でした。
 点数?
 そうですね。
 100点満点中、50点くらい。
 今回もたくさん笑わせてもらいましたし。

 「1体を倒すには一発の弾丸があれば十分だが、たくさん倒すには知恵が必要」

 と、キメ顔で語ってた仲間があっという間に死んで、残りはクリスとレオンが腕力で何とかしたのが一番の爆笑ポイントでした。
 やっぱ頼れるのは筋肉なんやな。
 ボスキャラも何故かいちいち近接戦闘で襲ってきたし。
 脳筋しかいない映画だったよ。
 ホラーとは。

 ある意味、いつも通りでした。
 映画館で見るより、自宅でお菓子つまみながら見る方が楽しいかも。
 ご参考までに。

 というわけで、今日も映画の感想でした。
 それでは。

    21:40  Top

2017.06.04[日] リリカルなのはA'sの4DX版を見てきました。八神はやて聖誕祭2017年

4DX

 7月の劇場版なのはに合わせて、過去作が4DXでリバイバル上映中。
 友人に誘われていってきましたので、感想でも。

八神一家

 今回、視聴したのは2nd A'sの方。
 八神一家が大好きなので、4DXだとどうなるのか興味津々。
 そのあたりを中心にレポしますが…。
 ネタバレが含みますので、そこだけご注意ください。


6月です

 まず、使われたフィルムは当時のもの。
 冒頭のはやての携帯の日付。

上映時→12月
BD版→6月
 
 と修正されています。
 これが「12月」のままでしたので、無修正版でした。

煙

 4DXということで、光と煙の演出は多かったですね。
 建物が壊れて煙が立ちのぼるシーンにあわせて、スクリーン下からもくもくと煙が出てました。
 魔法同士のぶつかりではフラッシュも多用してましたし、臨場感ばっちり。

しゃぼん玉しーん

 入浴シーンではしょぼん玉も飛んでました。
 唯一のしゃぼん玉シーンでしたねw

雨

 雨のシーンでは霧が顔にかかる演出。
 水の効果は邪魔にならない程度に使われてましたね。
 けど、友人はけっこうかかった~と話してましたし、座席によりけり?
 
FPSなのは

 そして、4DXといえば座席の振動。
 そりゃあもう、ドッタンバッタン大騒ぎですよ。
 戦闘シーンが多い作品なので、とにかく揺れまくり。
 なのはFPSシーンとかも、ドカドカ揺れてましたよ。

ヴィータ

 ちなみに、このなのはA'sを見るのは通算7回目くらい。
 なんだけど、やっぱり↑このシーンで泣いてた。
 座席がガタガタ揺れてようが関係なし。
 もう無理。
 ボロボロになりながらはやてへの想いを叫ぶヴィータは無理。
 ここは無理。
 当時も今も一番泣けるシーンです。
 ちなみにキャプチャーしながらも泣けてきてたから、もう遺伝子レベルで泣くように組み込まれているのかもしれない。

雪

 あ、あと、雪のような演出もありましたね。
 要所要所でひらひらと舞い散ってました。
 終始、振り続けてるわけではなくピンポイトで降ってましたので、画面にかぶって邪魔になることもなし。
 うまく4DXに落とし込んでると感じましたね。
 
 つまり。

 なのはは4DXになっても名作。
 うむ。

なのはA's
 
 そんな4DX版なのはA's
 僕はリピーターなので座席の振動でセリフが聞き取りにくくても問題ないけど、初見だとどうかな?
 と思いましたが、始めて視聴した友人も楽しめたようですので、やはり八神一家は偉大。
 7月からの新作に向けて、いい復習になりました。
 
 ちなみに、この4DX版。
 1st→2ndと視聴すると入場者プレゼントとしてシリアル番号が配られるんですよ。
 2つ入力すると新作なのは舞台上映にご招待!というもの。
 これ、けっこうデカいよ。
 もちろん倍率は高いだろうけど、4DXを2作品見る~という時点でハードルは高め。
 当選確率は高いと信じたいです。
 がんばろう。




 と、最後は物欲にまみれた文章でしたが、4DXなのはA'sの感想は以上です。
 そしてそして。
 本日6月4日は、八神はやての誕生日でもあります。
 そんな記念すべき日に、なのはA'sをまた劇場で見られるなんて。
 とってもタイムリーでした。
 ありがう!
 7月から公開される「なのはReflection」でも、活躍を期待してます!

 それでは、今日はここまで。

    21:23  Top

2017.05.07[日] 舞台探訪が増えた三軒茶屋という聖地

三軒茶屋

 せっかくのGWなので4日間ほど自宅にこもってました。
 家から出ない生活、最高です。
 けど、明日から平日なのでそろそろ身体をシャバの空気に馴染ませるべく外出。
 人はこうして新大陸を目指したんですね。
 
 たどり着いた場所は「三軒茶屋」

 ここは、ゲームやアニメ、ドラマの舞台としても使われることが多いところ。
 ということで今日は聖地巡礼です。
 
 きっかけになったのは、この動画。


 
 野生のアトラスすげぇーっ!!

 大好きなペルソナ5をけもフレで見られるとは。
 プレイしてない人にはさっぱりだと思うけど、ほんとこれだから!
 双子戦、マジでこれだから。
 ペルソナってどんなゲームなの?
 と思ったかもだけど、RPGだから。
 ほんと戦闘中にガンガン会話するし、選択肢出てくるし、ブチィ!ズガスガズズガ…ドーン!!ズシャーァァッ!!ってゲーム。
 名作ですので、やってない方は是非。
 というわけで僕の中でペルソナ5熱が再発火。
 
 で。

 ペルソナ5の舞台といえば三軒茶屋。
 そんな流れでやってきました。


ビッグエコーの出口

 地下鉄から地上へ。
 出口はいろいろあるけど、ビッグエコーがある出口。
 あそこが最寄り。

地図

 マップでいうと、ここ。
 ここまで歩くと…

三軒茶屋

 この通りが見えます。
 ここがペルソナ5の聖地。
 ゲーム内では「四軒茶屋」と呼ばれてる場所。

肉のマサムネ

 さっそく見えてきたお肉屋さん。
 ゲーム内ではスーパーでしたね。
 名前が「ムラマサ」ってすげぇなと思いましたが、モデルとなったところは「ハナマサ」だったので、だいたい合ってた。

映画館

 あ、このカラオケ屋って、原作では映画館だったところですよね。
 もしかして何年か前は映画館だったのかな。

バッティングセンター

 お肉屋の隣が、原作にもあるバッティングセンター。
 ゲーム内だとあんまり利用しませんでしたね。

この店

 この店もあった気がする。
 あかん、ふんわりとした記憶しかない。

ルブラン

 そして、お肉屋さん横の路地を入っていくと、はい見えましたルブラン!
 主人公の部屋がある場所です。

銭湯

 その向かいには銭湯が。
 これが信じられないくらい狭い。
 隠しダンジョンだよ。

銭湯再現

 奥に進むと見慣れた場所に。
 曜日で温度が変わる銭湯。

メイド

 その隣が、コインランドリー。
 原作通りだけど、こんなところにメイドが座ってたらホラーだよねw
 で、洗ってるのが血染めのシャツとかでしょ。
 通報案件。

イス

 ちゃんと椅子もありました。
 これに座ってたわけか。

四軒茶屋

 にしても、この通りは再現度が高いですね。
 けど、赤いバイクまで再現してるってどういうこと?
 ずっと昔から放置されてるの?
 四軒茶屋は不思議がいっぱい。

四軒茶屋

 原作だとこの奥が駅へのショートカットでしたっけ?

四軒茶屋

 実際の場所も、ここから地下道に入れるっぽい。
 細かいところまですごい。

双葉

 ペルソナ5の聖地巡礼はずっとやりたかったので、こうして来られて満足。
 あー、このアングルとかいいなー。
 双葉が座ってるのが見えるもん。
 
 双葉って誰?

 あ、それ聞いちゃう?
 聞いちゃいます?
 双葉ってのはペルソナ5に出てくる引きこもりヒロイン。
 このゲームって、双葉と杏ってキャラがいるから、アイマス的にすっごいややこしいけど、性格もなんとなく似てたり。
 で、双葉のコミュってわりと後半に追加されるんですよ。
 とにかく日数が足りない。
 急いでMAXにしたかったけど、途中で優しさも必要になったのは焦ったー。
 しょうがないので、渋谷の花屋に通いまくり。
 バイトして、観葉植物に栄養やって、ダンジョンもぐったあとは教師呼びつけてマッサージさせて、また花屋。
 双葉がいないときはひたすら神社に課金する、重度のストーカーでしたよ。
 
あたま

 その苦労もあって、めでたくゴールイン。
 もう世界の崩壊とかどうでもいい。
 双葉最高。
 最高。

 ペルソナ5って何のゲームだって?
 読んでもらえれば解るとおり、RPGですよ。
 RPG。
 名作なので是非。

丸山公園

 そんな感じにペルソナ5を堪能したあとは、ちょっと足を伸ばして「丸山公園」へ。

丸山公園

 久しぶりに訪れました。
 ここは、アニメ「シンデレラガールズ」で何度も登場した思い出の公園。
 (過去のブログはこちら

丸山公園

 来週から始まる5thライブツアーの成功も兼ねての聖地巡礼でした。
 
 それにしても、ペルソナ5といいシンデレラガールズといい、三軒茶屋も随分と聖地が増えましたね。
 なんて思ってたら、先日、さらに追加されたのが、

台所
 
 「すし台所家」




 ここは先日放送された「孤独のグルメ シーズン6」で、五郎ちゃんが食べてたお店。
 さすが放送直後とあってか、激混みでした。
 五郎ちゃん効果すごい。

 こうして三軒茶屋に新しい聖地が誕生、と。
 
 気が付けば、ゲーム、アニメ、ドラマと三軒茶屋も随分と出番が増えましたね。 
 どこも駅から歩いていける範囲ですので、回るにはちょうどいい距離です。
 天気もよくて、いい探訪日和でした。
 
 さて。
 そんな感じに外出もしたので、GW明けも何とかなりそうです。
 多分。
 なんか気温もがんがん上昇して、すでに夏の気配ですけど…。
 5thツアーもあるのでがんばります。
 それでは。
    18:57  Top

2017.04.29[土] 演劇企画CRANQ 5th STAGE 『デッド・ビート・ダッド!』感想

デッド・ビート・ダッド

 本日は舞台を見てきました。
 演劇企画CRANQさんの5回目となる作品。
 タイトルは『デッド・ビート・ダッド!』

 お通夜におきたドタバタコメディ、という内容。
 え?お通夜にお笑い?
 と思ったでしょ。
 これが本当に傑作でしたので、ご紹介したいと思います。

 あ、ネタバレはありませんのでご安心ください。


 この舞台を企画したCRANQさんですけど、始めて参加したのは第4回目。
 朗読劇「プリモ・ピアット~おいしい関係~」(当日の感想ブログ
 これが面白かったので、今回の舞台も楽しみにしてました。

東京芸術劇場

 会場は東京芸術劇場。
 池袋駅からすぐの場所に、こんな施設があるとは。

ポスター

 中に入るとポスター発見。

「あのバカオヤジ」

 というキャッチフレーズはインパクト十分。

チラシ

 チケットを見せて入館。
 入口でチラシをもらったけど、また多いな。
 同人即売会にサークル参加したみたいですよ。
 
 逆にいえば、これだけたくさんの舞台が開催されているということ。
 知ってもらう機会はこういう時だけなので、一気にドーンというわけか。
 映画でいうと最初に流れるCM映像と同じ。
 舞台ってこの手の宣伝が難しいですよね。
 今回のデッド・ビート・ダッドも、前回が好きだったからアンテナに引っかかっただけ。
 一見さんに知ってもらうためにも、こうしてブログに書いて地道に宣伝していきますよ。

飯屋

 さて、時間になって舞台スタート。
 
 今回、僕が楽しみだった出演者は、飯屋こと原紗友里さん。
 シンデレラ以外の現場だとどんな立ち回りを見せるのか。
 それが一番の興味ポイントでした。

 そしてそして。
 今回は公演ごとに日替わりゲストも参加。
 僕が見に行った14時の回は、

サトリナ

 佐藤利奈さんがゲスト。

 やアじ!

 完全にアイマスイベントと勘違いしたPがここにいました。
 けど、サトリナを生で見たこと無かったので、いい機会でした。
 これも本業。

舞台

 そんな魅力的な出演者さんの熱演も光った「デッド・ビート・ダッド!」。
 
 今回は、朗読劇ではなく舞台。
 だから出演者さんも台本は手にしてません。
 本当の演劇。
 だからこそ、伝わってくる空気感がすごかった。
 舞台のセットや備品にも手を抜いてないから、それも後押ししてくれてる印象でした。

 そして、脚本の完成度。
 これがお見事。
 序盤のセリフや、途中で使った小物など、見てる側が忘れた頃に「ズバッ」とカードを切るように出すわけですよ。
 それがツボって、ドッカンドッカン爆笑がおきる。

白石
 
 そして、今回もずるい立ち位置だった白石稔さん。
 「グッドパヒューム!」じゃないよw
 怖いもの知らずか。




 そんな白石稔さんですけど、初日に何やらやらかしたようで(汗
 いったいどんなギャグだったんだろ。
 映像化した際には入れてほしいですよ。

台本

 それにしても、台本を購入したけど、この分厚さには驚きです。
 上演は2時間15分もありましたからね。
 並みの映画よりもボリュームありましたよ。
 それだけの時間をノンストップで繰り広げてくれる。
 しかも、目の前で。
 だから熱量が半端ない。
 役者の生の演技って、本当に心奪われますよ。

 で、楽しみにしてた飯屋ですけど、思った以上に出番があってお得感が強かった。
 わりと物語の重要人物でしたし。
 そして、セリフがないところでも顔芸が最高でしたw
 これは飯屋に限った話ではないけど、みなさんの表情や動きがとにかく生き生きしてた。
 普段のアニメのアフレコとかと違って、実際に身体の動きにあわせての演技はまた違う技術なはずですけど…。
 とにかくエネルギッシュでした。
 さすが。

未央

 さて。
 そんな飯屋の演技でしたが、アイマスP的な視点で書くと、

『未央が舞台を演じるとこうなるんだー』

 という謎の納得もありました。
 デレアニでも未央が舞台に挑戦するシーンがありましたが、この内容でこの役なら、未央がやっても違和感なかったです。
 完全にパッションでしたしw

 一方、サトリナは髪型がちひろさんみたいだったので、実質ちひろだった。
 けど、途中から「ちひろさんがこの役だとリアルすぎて笑えない…」と、謎の悟りがありました。
 あまりにちひろさんだったので、終演後はDVDを予約。
 ちゃんと課金しなきゃ、という謎の職業病を発症してました。
 謎が多い現場ですね。
 
 あ、サトリナ自身はめっちゃ可愛かったです。
 ありがとう。
 あと、星2500個もありがとう。
 サンキューチッヒ。

伊藤かな恵

 そうそう。
 伊藤かな恵さんも出演されてましたが、こちらはセーラー服での出演。
 その時点で反則だし、この姿で「お兄ちゃん」と呼ぶのは致死量が高すぎて成仏するレベル。
 お通夜に召されるところだった。
 舞台に油断は禁物ですね。
 あなどれん。

 と、途中から完全に方向性を見失った感想になってしまいましたが、総じてやばかった。
 ということで。
 舞台ってなかなか見に行く機会がないと思いますが、きっかけはなんだっていいと思います。
 僕みたいに「好きな声優さんが出演している」とかでも十分。
 今までの人生で舞台を見に行って「いかなきゃよかった」と思ったことは一度もありません。
 むしろ、生の演技を目の前で見られる、またとないチャンス。
 演劇企画CRANQさんのステージはこれが5回目ですが、また6回目が開催されるようなら見逃さないようにアンテナをはっておくとします。
 
 そんな『デッド・ビート・ダッド!』
 公演自体は5/1までやっております。
 チケットはもう完売してるかもしれないので、これからの参加は難しいかもですけど…。
 CRANQさんという名前だけでも覚えてくださると嬉しいですね。
 オススメです。




 というわけで、今日のブログは「デッド・ビート・ダッド!」の感想でした。
 
 では、最後にちょっとマジメな感想でも。

 
 去年、母方の祖父が亡くなりました。
 90歳近い年齢を考えれば大往生だったと思います。
 今回の舞台は、実際に参加したお通夜を思い出しながら見てました。
 通夜の晩は葬儀屋に泊まり、祖父の線香を絶やさぬよう見守るのが決まり。
 けど、やってたのは従兄弟で集まって一晩飲み明かす半分同窓会のようなノリ。
 その印象が強いから、通夜に悲しい思い出ってないんですよね。
 祖父もしんみりすることを嫌う人でしたし。
 お通夜をテーマにしたコメディだなんて不謹慎じゃない?
 と思う人もいるかもですけど、僕は祖父に元気な姿を見てもらえてむしろ誇らしいですよ。
 その気持ちがあるから、今回の舞台は心から楽しめました。 
 「あのバカオヤジ」というキャッチフレーズのもつ意味。
 ご覧になった人はよ~く伝わったはずです。
 本当に素敵な舞台でした。
 キャストのみなさん、ありがとうございました。
 そして、千秋楽までたくさんの笑いを届けてください。

 それでは!
    20:57  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop