ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2018.04.22[日] モバマス→クラリス、ミリシタ→SSR朋花のツープラトン

2018_0422buhi03.jpg

 シンデレラガールズ → 上位報酬クラリス




2018_0422buhi01.jpg

 ミリオンライブ → 新SSR天空橋朋花


2018_0422hina03.jpg


 ぁぁああああ、なんでだよぉ~~~!

 こっちとらキャッシュカード紛失して、転勤先の家賃も危ういってのに、どうして僕の担当アイドルちゃんのツープラトンなの!?
 愛と友情なの!?
 ジャスティス学園なの!?
 そら、クラリスと朋花は容姿が似てるけど、そりゃないぜ…!

2018_0422hina01.jpg

 だが、俺は回すぜ。
 男には今月の家賃よりも大切なことがあるんだ。

 それに俺にはクレジットカードがある。
 魔法のカードだ。
 大人の余裕ってのをみせてやる。

20180422152739739.jpeg

 ↑支払い拒否

 
2018_0422hina02.jpg

 クレカも止められたよぉ!どうすんだよ、ゴルァーーーッッッッ!!!!

2018_0422hina04.jpg

 あと残ってるのは、前に衣装買った時についてきた10連チケット1枚だけ。
 こんな紙切れ1枚でなびくほど、朋花は安い女じゃないさ。
 舐めてもらっては困る。

 せいぜいプラチナピースのたしになる程度…






20180422151607d41.png





20180422151609820.jpeg











2018042215160824a.jpeg











2018_0422to02.jpg

ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ嗚呼ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!




2018_0422to01.jpg

 今夜はとんかつで乾杯だな
 ふふっ。















2018_0422hina05.jpg

 ちなみに、これは使おうと思って用意してたクソコラさ。
 
 ぁぁああああ、この画像は供養になってよかった…。
 よかった…。
 
 よかった。

 よかったけど、結局しこたま使ったので今月の家賃はやばいです。
 まぁ、いいや。
 朋花いるし。
 
 大人の余裕。
 ちょっと大家さんに土下座してくる。
 
 大人の余裕。




 終われ。
    15:39  Top

2018.04.21[土] オマエら、待たせたなッ! 「∀NSWER」のCD発売!

2018_0421moba01.jpg

 「オマエら、待たせたなッ!」
 
2018_0421moba02.jpg

 というわけで、本日はシンデレラガールズのCDを回収。
 特筆すべきは、やはり「∀NSWER」。
 やっと発売になったかー!
 本当の意味で、「オマエら、待たせたなッ」だよ。
 
 にしても、当時の∀NSWERはもはや事件だったな。
 突然、美玲に声がついて、individuals(インディヴィジュアルズ)がそろって、新曲をひっさげてイベント開始。
 このたたみかけよ。
 MVも凝ってたし、まさに「仕掛けてきた」感が強かったですね。
 楽曲も超絶クールで、この頃にリリースされたデレステ曲の中でも随一のインパクト。
 あまりの運営からの情報量に、美玲Pが溺死したのも記憶に新しいかと。
 
 それだけに、フルを早く聞きたかった!

 もうコロちゃんったら、リリースが遅いよ。
 まさかフルの初披露が、5thツアーの宮城公演とは思わなかったし。
 けど、NBYのリリースも決まったし、ここにきてCDラッシュの予感。
 そうでなくっちゃね。
 でないと、CDよりも先にフル版はライブBDが先~なんて展開になる。
 頼みましたよ。



 そんな5thツアーのライブBDの情報も、飛び込んできました。
 まさかの隔週発売。
 CDは焦らすのに、どうしてライブBDはこんなにも過密スケジュールなんだよw
 5thツアーの上映会やろうぜ~なんて言ったら、隔週で集合になるぞ。

 まぁ、


 望むところですが!


 年末のドーム公演を前に加速してきた感はあるので、期待はできます。
 水面下で仕掛けを用意してそうな予感はしますが…。
 まずは順番にリリースされる商品をもらさず確保ですね。
 発売ラッシュに置いてかれないよう、ついて行きますよ。
 
 てなところで、本日のブログはシンデレラガールズのCD紹介でした。
 では、フル版をじっくり聞きながらゆっくりとした週末をすごしたいと思います。
 今日も仕事だったけどな!
  
 ∀NSWER!
    22:53  Top

2018.04.20[金] 会議終了

20180421003441858.jpeg

明日はミンゴスのファンクラブイベント。
「第2回 +Amembers大会議」
こちらが開催!
チケットは当選済み。
あとはミンゴスに会いにいくだけ。

久しぶりのミンゴスイベント。
二回目となる大会議。
張り切って行くぞー!



と思ってたら、




仕事が入って、





行けなくなりました!

















会議終了!!!







おやすミンゴス……、……
    23:59  Top

2018.04.19[木] 咲-Saki-第189局「紹継」の感想。5決だからこそ描けた等身大の青春

201804200643203c1.jpeg

金曜日へ日付が変わると同時にヤンガンを購入。
Kindleを同期して、何度も再読み込みして、ダウンロードを早く早くと待ち焦がれるまでがテンプレ。

目的は、咲-Saki-
今週は第189局「紹継」です。

20180420064325eff.jpeg

決着がついた五位決定戦。
大会とはいえ、これはインハイ決勝前のエキシビション。
前座っぽいところもあります。
だからかなー。
試合後にみんなが集まって談笑してる姿は、五決ならではの光景に感じました。
これが本試合だったらやっぱりピリピリするし、互いの健闘を讃える余裕もないでしょうし。

201804200643216f0.jpeg

遠く離れたもの同士でも「また会いましょう」と再会を誓う。
麻雀を続けていければ、必ず巡り会える。
咲-Saki-はそういう物語。

その証拠に、

201804200643239bf.jpeg

姫子と竜華は再会する未来が約束されてます。
扉絵は、過去か未来に実際におきる光景だと立先生は答えてましたし。

20180420064323c3c.jpeg

そんな交流の一方で、まだ上を目指せたのに、自分から可能性をつぶしてたことに気付く姫子。
今回の五決って、新道寺の物語としては完結したようにも感じましたね。
このあとやるであろう個人戦では部長とのコンボもないでしょうし、深い掘り下げはこれがラスト。
だからこそ、寂しさも感じましたよ。

あー。

エモすぎ。

五決が始まった時は、早く決勝がみたいのに〜と思ったけど、終わってみればとんでもないファンサービス。
五決じゃなければ見られなかった名シーンの数々でしたよ。
すばらでした。
けど、こんなん見せられたら決勝のハードルがさらに上がるんですけど、立先生はいったいどんな仕掛けを考えているのか。
次号は休載なので続きはもう少し先になりますが、期待したいと思います。


というわけで、今日のブログもここまで。
咲-Saki-第189局「紹継」の感想でした。

それでは。
    23:59  Top

2018.04.18[水] Fabriにて連載中「ミリオンライブ ブランニューソング」第5話の感想

201804190625072b7.jpeg

 隔月で発売されてる雑誌「Fabri」。
 どこにも売ってなくて買えないー。
 と思ったら、普通に電子版が配信されてたわ。
 Kindle最高。

20180419062509a73.jpeg

 目的は、連載されているミリオンライブ。
 「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ ブランニューソング」。

 今回は第5話です。

20180419062510481.jpeg

 正直、このブランニューソング。
 連載当初は、このマンガ独自の強みがみえなくて、どうかなーという印象でしたが、右肩上がりで良くなっていくのを感じてます。
 今回の5話は、「なるほど」と納得しながら読ませていただきました。

 アイマスの作品って、仲間と一緒にがんばろう~という部分に焦点が集まりがちなので、意外とアイドルとファンの関係性に踏み込んだ話しは少ないです。
 そういう意味でも、今回の第5話は面白い視点での描き方でした。

201804190625129eb.jpeg

 アイドルたちを広く浅くみせるのではなく、百合子の楽曲「地球儀にない国」だけに絞ったことで、物語に深みが増してました。
 アイドル、ファン、楽曲。
 ライブを定期発信している、シアター組の魅力も伝わるかと。
 
 それだけに…!

 ひとつ惜しいと感じたのは、百合子のファンそのものの描写が足りないかな…と。
 「風の戦士」と呼ばれる百合子ファン。
 彼らの活動や熱意などのシーンがあれば、より物語に説得力があったように思えました。
 尺の関係かなー。
 ここはもっと掘り下げないと、歌詞に込めた意味もうすく感じました。
 ほんとに惜しい!

 けど、それを差し引いても面白い内容でしたし、こういう解釈というか、こういう視点でもミリオンライブは描けるんだよ、という勉強にもなる第5話でした。
 隔月なので、連載はスローペースではありますが、だからこそ焦ることなくアイドルを深く描いていってほしいです。

 と、ちょっと堅苦しい文章になってしまいましたが、ブランニューソング第5話「風と共に」の感想でした。
 それでは、みりおっつー。
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス「rinascita」
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop