ホッパーの日記

格ゲーをやりつつ、アニメとかゲームとかオタクトークを書いてます 

2016.09.25[日] ビッグガンガン10月号の咲関連をまとめて感想

BG

 今月のビッグガンガン購入ー。
 
 睨み合うおっさんの下に並ぶ咲-Saki-イラストの存在感。
 表紙からも、メインはこっちだという編集者の思惑が見て取れて面白い。

ステッカー

 今月はドレスステッカー付きですからね。
 シノハユも怜もカラーページでお出迎え。
 
37話

 そんなシノハユは、第37話「杏果3」
 
 ここにきて杏果がクローズアップされてきたので、どんな物語が綴られるのかなー。
 と思って読んでみたら、


尊い

 尊すぎて、リーダーみたいな顔になった。


 尊い。
 尊すぎる。
 杏果と閑無は早く結婚した方がいい。
 早く。

 やばいな。
 シノハユだけでもう満足感がやばい。

怜

 そのためか、怜-Toki-の方はあんまり話が入ってこなかったです(汗
 まだ大きな展開はないから、もう少し様子見といったところ。
 いろいろ伏線はあるんですけど、どこに着地したいのか見えてこないので、この対局が終わるまでは静観するとします。

咲日和

 そして、ラストは咲日和。
 このマンガ読んでる時の幸福感といったら、もうね。
 シノハユは尊くて、咲日和は幸せ。
 
照のファン

 今月は鶴賀と白糸台にスポットがあたりましたが、個人的に興味をひいたのがこのシーン。
 照のファン。
 菫のファンクラブが廊下にずらっと並んでお辞儀するくらいの学校だから、当然、照ファンもいるとは思ってたけど、ちゃんと描かれたのってこれが始めてかな?
 照は麻雀部以外とはあんまり接点をもたなそうな子なので、ファンに対してフランクに応えてる姿は微笑ましかったですね。
 わりと貴重なシーンだったのかも。
 
 そんな感じに、またひとつ咲-Saki-の世界観が学べた今月のビッグガンガン。
 どれもいい話でしたので、単行本派の方はお楽しみ。
 それではー。
    18:58  Top

2016.09.24[土] ペルソナ5に歴代のペルソナ衣装が配信

P5にP3

 杉田智和が水樹奈々に言い寄ってキモがられる流れが面白すぎるだろ。
 (※ペルソナ5の感想です)

 そんなペルソナ5にDLCが配信されました。
 なんと歴代のペルソナシリーズの衣装に着替えられるそうな。
 よくあるコスチュームチャンジかー。
 
 なんて思ったら、BGMも変わりますとか熱すぎだろ!

P5にP3

 というわけで、思い入れが超強いP3の衣装をダウンロード。
 おー。
 みんな意外と似合ってる。

装備

 けど、この衣装。
 モルガナだとどうなるんだ?
 と思ったら、アイギス衣装らしい。

 どうなるのかなー。
 
アイギスモルガナ

 ↑これ。


かわいい

 可愛いであります!

 これは有りですねw
 めちゃくちゃキュート。

P3

 まったく忍んでない怪盗団だけど、テンションあがりまくり。
 さらにさらに。


 この衣装で戦闘入ったら、聞こえてきたよ

「ベイベ、ベイベ、ベイベ、ベイベ!!」

 あー!!!
 これこれこれこれ!!!
 人生の中で一番好きなRPGの戦闘BGM「mass destruction」だぁーっ!!

 リザルト画面もP3になるし、神ゲーですわ。
 DLCの正しい使い方を垣間見た気がしますよ。
 見てるかバンナム。

 
 さらにさらに。
 この衣装だと…

パンツ



見えた!
 

 見えた!!



ブチ

「見えたじゃねぇよ」


大丈夫か

 いい仕事してるよ、アトラス。


P3

 そんなDLC衣装で気持ちも新たに怪盗ライフ。
 まったく進められてないので、この週末はがっつりプレイしたいところ。
 P3BGMと一緒にがんばります。

 それではー。
    19:49  Top

2016.09.23[金] うたわれるもの 二人の白皇を買ったけど、クリアーするの来年になりそう

うたわれるもの 二人の白皇

 「うたわれるもの 二人の白皇」を購入ー。
 
 前作はラストのたたみかけが凄くて、ぁああああ待って!それはあかん!!ぁああああああぁぁぁあああみんなどうなんのこれ!これどうなんの!?え、やっぱりこいつがアレで、アレがアレで、そのあと、これで、あああああ偽りの仮面ってそういう意味かよぉぉおおおおおおおぅぅぅううぉぉおおおおおお、はらみー可愛い。

 というテンションで終わりました。
 そして、今作でうたわれ完結。
 これは、ネタバレくらう前に一気にやるしかない!

 の予定でしたが、

p5

 怪盗団に時間を盗まれてるので、当分、開始できそうもないです…。
 うたわれないもの。
 知ってた。
 
 ちなみにP5の平均クリアータイムは80時間らしい。
 こっちは16時間プレイして、まだ10%くらいなんですが…。
 こりゃ、うたわれ始めるの来年になるかも(汗
 まぁ、焦ってもしょうがない。
 一応、外出先でもできるようにVITA版を買ってるので、どこかに遠征するイベントがあったら、少しずつ進めてみるとします。

 それでは。
    22:43  Top

2016.09.22[木] 映画「聲の形」を見てきました ※ネタバレなし

聲の形

 アニ雑団でゲストだった金子さんが「聲の形めっちゃいいから見てぇーっ!」と宣伝してくれてたので見てきました。
 あ、ネタバレはありませんのでご安心を。
 

 とっても優しい気持ちになれる作品でしたね。

P5の映画

 ペルソナ5では作中で映画を見ることができて、見た映画の内容でパロメーターがあがるんですけど…。
 聲の形を見せたら一発で優しさが振り切るんじゃないかな。
 そんな作品。
 2回くらい泣いちゃいましたよ。

特典

 こちらは入場特典の冊子。
 ネタバレが怖いから見終わってから読んでみましたが、正解でしたね。
 あのシーンの続きかー。 
 と、また涙腺が刺激されましたよ。

大垣

 あ、そうだ。
 スタッフロールで気付いたんですけど、「岐阜県大垣市」みたいな単語が見えたんですよ。
 そこで、ん??と思ってパンフを確認したら、なるほど背景は大垣市が舞台だったのか。
 「君の名は。」でも岐阜県が使われたし、ここにきて僕の故郷が探訪ブーム。
 けど、岐阜県って北と南とでは文化も種族も言語も異なるので、同じ括りにはできないんですけどね。
 岐阜あるある。
 大垣市は岐阜だけど名古屋に近いし。
 里帰りしたついでに回れないのが残念。
 あの橋もあるそうなので、いつかワンチャンあれば訪れてみたいです。


 そんな、聲の形。
 上映館は少なめですが、ちょっと遠くても足を運ぶ価値はあるかと。
 テーマが生々しい作品ですし、やや人を選ぶかもしれませんが、機会があれば是非。
 あ、あと「聲」は「こえ」を読みます。
 間違えて「蟹」で検索してる方もいるそうですが、それは「かに」です。
 けど、蟹の形でもヒットするので、グーグル先生は優しい世界だった。
 サマカニ!

 それでは。
 
 
    19:36  Top

2016.09.21[水] デレステの「ラブレター」は、アイマスのライブ演出の革命



 こちらは、先日、デレステに配信された新曲「ラブレター」のMVです。
 
 もうね。

 昨日からずっと衝撃うけて、固まってる。
 よく仕事に行けたな…。
 そのくらいのインパクトでしたよ。

 ↑の動画を見てもらえれば解るように、今までのMVとはうって変わって、ライブ演出からプロモーションビデオ風に大きく進化しました。
 いや、革命といった方がいいかも。
 正直、歴代のアイマスのライブ演出を根底からひっくり返すくらいの出来事ですよ。
 ほんとに。

観客

 元々、デレステのMVって、アイマスのライブ演出としては珍しく、観客席が見える仕様です。
 これをやったのって、歴代ではアイマスDSくらい。
 最新作のプラチナスターズで、ようやくアリーナを再現した程度。
 
 だから、配信直後は、よくスマホでこの演出を取り入れたな~と感心しました。
 ただ、制限も多かったです。

・カメラアングルは固定
・アイドルたちは全員同じ振り付け
・アイドルたちはその場から移動できない


 などなど。
 それでも、カメラワークを工夫して、制限を感じさせない演出にこだわっていました。
 この「ごまかし方」こそが、デレステスタッフの腕の見せ所でもあったわけです。

ラブデス

 その演出に”変化”の兆しがみえたのが、「Love∞Destiny」の配信。

 まず、観客の概念を消し、ステージではなくホールで歌っているように演出してきました。
 カメラアングルが固定されている欠点を、逆に利点に変換。
 限られた制約の中で、新しいライブ感を構築。
 デレステのMVは、まだまだ進化する。
 それを感じさせた楽曲でした。

 そんな矢先に…。

ラブレター

 これですよ。

「アイドルは移動できない仕様」→「それならまるごと位置を変えればいい」

「3人ユニットだけどデレステは5人選ぶ」→「それなら3人だけ映して、他の2人は消そう」

「アイドルは全員同じ振り付け」→「ひとりずつ映せば、個々が踊っているように見える」

「背景は固定」→「ステージじゃないから曲中に背景ごと変えられる」

 デレステがもつ欠点を全部背負ったまま、まったく新しいMVを作ってきたよ。
 なんだよ、これ。
 教室の机が並ぶ中、歌って踊ってるって、MAD動画でしか見たことないよ!
 これを公式がやってきたのは、本当に嬉しい。
 これだよ。
 アイマスのライブ演出に欲しかったのは、まさにこれなんだよ。


 それで、この演出ですが…。
 いち早く取り入れていた音ゲーがあるんですよ。
 それは何かといいますと、

初音ミク

 初音ミクDIVA

 そう。
 セガから発売されている、ボカロの音ゲー「初音ミクDIVA」シリーズです。
 この作品は、PVのような演出を初期から取り入れていました。

演出

 ステージで歌うだけでなく、ストーリー仕立ての楽曲や、車に乗りながら歌ったり、演奏しながら歌ったりと、様々な演出が魅力のDIVAシリーズ。

天楽

 プレイしながら、

「あー、こんな演出がアイマスでもできればな~」
 
 なんて思うこともしばしばありましたが…。
 それがデレステによって現実味をおびてきましたよ。
 これは心躍る。
 まだまだデレステは化ける。
 そう信じさせてくれるMVでした。

ラブレター

 今回の「ラブレター」はデレステだけでなく、アイマスにとっても大きな機転になるはず。
 むしろなってほしい。
 アイドルをどう輝かせるのか。
 どう魅せてくていくのか。 
 ステージで歌うだけの演出から、次の一歩へ。
 この流れが765ASやミリオンなどへ伝わっていけば最高ですね。
 大いに期待したいです。


 てなわけで、ちょっと硬っくるしい文章になってしまいましたが…。
 今日はデレステの新曲「ラブレター」について語ってみました。
 デレステスタッフのみなさん、最高の演出をありがとう!
    23:59  Top
プロフィール

ホッパー

Author:ホッパー
格ゲーサークル「キャノン」の管理人です。
咲-Saki-とミンゴスを応援しつつ、アイマスを本業してます。
格ゲー関係ねぇ…。

ツイッター
ミンゴス17thシングル
咲-Saki-まとめアンテナ
月別アーカイブ
ブログ内検索
Pagetop